4月22日の練習:ネジを締めたり緩めたり…

今日は午後3時ごろから練習。

A管(Tosca)で基礎練習をしながら、下管のF/Bレバーと関係のあるネジを締めたり緩めたり…。キーオイルも挿したので、昨日よりもキーの動きは滑らかになった気がします。あと、自分の中で「このキーはこんな感じ。ちょっと端っこを押さえた方がいい」みたいな経験則ができてきたのも、プラスかもしれません。

Nielsenの木管五重奏の第4楽章、変奏曲も練習してみました。バリエーションが11個もあるよ〜。バスーントのエキセントリックな掛け合いをするバリエーションは、異常に難しい…。でも、他は練習すれば何とかなりそうです。この曲の第2楽章が演奏したくてA管を買ったんですよ〜、だからいつかは演奏したいです。

Bb管に持ち替えて、Max Regerの"Two Pieces"を軽く練習。2016年のReger Yearの演奏会でクラリネット・ソナタの代わりにこの曲でもいいかも〜って思った、小洒落た曲です。クラリネット・ソナタもすごく好きですけどね。

〆はKraftの曲。水曜日の合奏に備えて練習〜。

明日も楽しく練習しましょう!

4月21日の練習:A管、またしても堂々巡り。

今日はお昼頃から練習。

最近A管の吹奏感が軽いのが気になっていたので、今日はToscaのA管も久しぶりに練習に持って行って、吹き比べてみました。
吹き始めて思い出した!ToscaのA管は左にあるE/Bのレバーの動きがイマイチぎこちない…。
1月下旬にそのことに気が付いて、「なんかTosca、しょっちゅう調子が悪くなりすぎ!」と思ってR13に戻ったんだった…そうだった〜、すっかり忘れていました。
今日は小さいスクリュードライバーを使って下管のネジの締め具合を少しずつ調節して、ぎこちなさが軽減されるように調整。また吹いている間に、キーを押さえる位置を少し気をつければ、ぎこちなさがほとんど無くなることにも気がつきました。

R13と比べると響きがいいです、Tosca。R13の響きがキラリだとしたら、Toscaはキラキラって感じ。(←語彙のなさがばれる)
でも音が軽い感じ、浅い感じではないんですよね。音にちゃんと深みがある…。しばらくはA管が必要になる曲はないので、地道に基礎練習をしながら吹き込んでいくのはどうかなぁと思いました。どうしてもダメならまた考えましょう。

Bb管ではKraftの練習。
水曜日の合奏に備えて、ちょっと不安な動きを練習した後で、メトロノームでかなりin tempoに近い状態で練習。終盤の鳥の歌も練習しました。

その後はBerio。思っていたよりもずっと難しい…まだまだ時間がかかりそうですが、好きな曲なのでしばらく頑張ってみようと思います。

明日も楽しく練習しましょう!

4月20日の練習(その2):パナマ運河に水を入れに…

夕方ぼへ〜っと暇な時間があったので、ちょっとだけ練習へ。

昨日大学院生と話していた時に「私がクラリネットを演奏してもしなくても世の中には全く影響はないんだけれど、自分が諦めたら終わりですからね〜。毎日バケツでパナマ運河に水を入れて、次のレベルにいけるようにチマチマ努力しています」とか言ったことを思い出し、パナマ運河にバケツ一杯分の水を入れに行きました。

A管で基礎練習の後は、Bb管に持ち替えてBerioの"Lied"をちょっと練習。
まだまだジクソーパズルのピースをあ〜でもないこーでもないと並べているような状態ですが、隙間がうまって全体像が見えてくるまでコツコツ続ければ、あとは絶対に完成できるはず。

Kraftは、特に鳥の歌のダイナミクスを変えながら練習してみました。

明日も楽しく練習しましょう!

4月20日の練習:嘘をついた?

今日は午前10時ごろから練習。

基礎練習は今日は省略。
Kraftの"Green Mountain Notes"をメトロノームでテンポを刻みながら練習…のはずが、途中で変拍子が出てくるのでなかなかそんなわけにも…。でもテンポの目安を聞いて、クラリネットのパートが微妙に複雑なところは部分的にメトロノームに合わせて練習したので、次の合奏はin tempoに近い速さでも大丈夫だと思います。最後に3小節出てくる、やたらと自由な鳥のさえずり(?)は、ダイナミクスが3回とも違うので、その違いが出せるようにもうちょっと練習しようと思いました。

その後は、Bergの”Four Pieces"をちょっとだけ、本当にちょっとだけ吹きました。この曲をECMで演奏することはないし、おそらく一生人前で演奏することもないと思いますが、長い間惚れ込んでいた曲ですし、この曲のためにflutter tonguingをマスターしたわけですから、名残惜しい曲です。これからもきっと度々戻ってくることでしょう。

最後は新しい曲の譜読み。
Luciano Berioの"Lied"、「嘘をついた」?
lied.jpg
全曲通して小節線なしの、クラリネット独奏曲で、2年ほど前にクラリネット専攻の学生の卒業リサイタルで初めて聞き、すぐに楽譜を買っちゃいました。演奏時間は5分ほどで、タイトル通りにちょっと暗い汚れた内面を曝け出すような曲です。
曲の冒頭には「自由に演奏しなさい」ってなことがイタリア語で書いてありますが、今日は音符の長さを丁寧に確認しながら半分ぐらいまで練習しました。なかなか楽しかったので最後まで譜読みして練習しようと思います。

明日も楽しく練習しましょう!

現代音楽って何?

昨日の午後、日本語のプログラムのアシスタントをしてくれている大学院生とたまたま音楽の話になった時に、「先生はどんな音楽が好きなんですか」と聞かれました。

私が好きな音楽か〜、どんな音楽なんだろう…?

「今は現代音楽ばかり演奏しています」と言ったら、「久石譲とか?」と聞かれました。

あ〜、久石譲って現代音楽なのか。
スタジオ・ジブリのアニメの音楽と、スケートの羽生くんの音楽しか知らない私ですが、ちょっと違うような…。

現代音楽って、一体何をもって現代音楽って言うんでしょうね。
久石譲の音楽は私にはむしろロマン派っぽく聞こえて、「現代」って感じはしないなぁ…。
生きていた時代が直近だからと言って現代ではないんですよね。
Reger辺りはロマン派に近い現代なんだろうと思うんですが、最近やっているKraftなんかはどうなんだろう…。
この人が作った曲の中にはゴリゴリの宗教曲もあり、ユダヤの音楽もありますが、"Green Mountain Notes"は現代なんですよね、きっと。

Poulenc、Bartokは私の中では現代音楽だったんですが、もうすでに古典になってしまったのかも…。

聴き終わって、演奏し終わって、最後にもやもやが残るのが現代音楽?
映画のエンディングで、「この後どうなるのか」という解釈をそれぞれの観客に任せている作品がありますが、私の中で現代音楽はそんな雰囲気です。
Category: その他

4月19日の練習:春のリード選抜祭り

春になって乾燥した日々が続いているせいなのか、どのリードを吹いてもピンと来ない…。特にA管のリード選びに時間がかかる…という最近の悩みを解消するために、今日は春のリード選抜祭りを盛大に開催しました。

練習室に入ったのは午前11時、約100枚以上のリードを吹いて、一通り選抜を終えたのが午後2時。
予想通り時間がかかりました〜。
まずはA管でざっと「柔らかいリード」、「ちょうどいいリード」、「硬いリード」、「使えないリード」に仕分け。冬学期にいい感じだったリードでもへたって来て抵抗感がないなぁというものは当然ボツですし、硬さはちょうどよくても響きがガサついている感じのリードもボツにしていきました。「ちょうどいいリード」を今度はBb管で吹いてみて、さらに絞り込み。
最終的にはリードケースに入っている16枚の1軍、タッパーウエアに入っている控え選手の選抜を終えて、気分はすっきり!保湿パックも新しいものに交換して、当分はリード選びで困ることはないはず…。
reed-case.jpg
(こちらは控え選手のタッパーウエア。Gonzalezは箱ごと控え入り)

選抜をしながらA管では基礎練習で小指の運指を練習し、さらにCarl Nielsenの木管五重奏を少し吹いて、リードが曲のなかの跳躍やスラーに対応できるかもチェックしました。
Bb管ではKraftの曲の中の高音が当たるか、ppの入りがすっと入れるかを確認。

明日も楽しく練習しましょう!

4月18日の練習:ちょっとずつテンポをあげよう

今日は仕事が終わって6時ごろから練習へ。

A管で基礎練習をしながら、Gonzalez Reedを試し吹き。
う〜ん、中には「ちょっと落ち着いた音色でいいかな」と感じるリードがあり、そう感じる瞬間がありましたが、全体的にはやはり音が硬い印象でした。しっとり感がない…これは最近の乾燥した天気のせいなのでしょうか? 結論としては、私には56 Rue Lepicの方が合っているのかなと感じます。$25でいいレッスンになりました。リードの種類が自分に合う、合わないは、実際に吹いてみないとわからないし、バラ売りのを1枚試してもそれが個体差なのかリードの種類の傾向なのかわからないと思うので1箱は犠牲にする覚悟が必要です。

Bb管に持ち替えて、Kraftの曲。
冒頭、中間部、最後の最後の部分はゆったりしたテンポなのですが、途中に2箇所はっきりとテンポを上げるべきところがあるので、その部分のテンポを上げて行く練習を始めました。込み入った長〜い連符があるわけではないのであまり心配はしていないのですが、今学期は他の人のお世話までしていて仕事が半端なく忙しいので、できる時にちゃんと練習をしておかないと…。

明日から週末〜。この週末は時間に余裕があるので、Kraft以外にも好きな曲をちょっと練習しちゃおうと思っています。

明日も楽しく練習しましょう!