ECMの練習 16:今年度の最終回

来週の月曜日は祝日なので、月曜日しかお呼びがかからない私はECMは今日で最終回。

今日はZachが編曲したジブリ・メドレー。
あちこちとんでもないミスをしてしまいましたが、何とか終わりました。
そして、どうやらこの曲は今日で終わりらしい…あ〜、よかった。死ぬかと思った…。
自分が曲に対していかに好き嫌いが多い人間なのかがよくわかりました。

来週の水曜日はクラスの打ち上げをするそうです。
何かつまめる食べ物でも作って持って行くことにします。
巻き寿司とかいなり寿司とか??
若いクラスメートが喜びそうなものを何か作ってあげようかなぁ。

ECMは難しいことも色々ありましたが、楽しかったです。
人生に新しい世界が広がった、そんな半年間でした。

演奏会のビデオ

同僚が撮影してくれたビデオを思い切ってYouTubeに載せてみました。

聞いていて冷や汗が出るところもたくさんありますが、それも含めて何事も成長過程ってことで…。Let's face it!

Max Reger:Clarinet Sonata No.3, op.107(第1楽章)

ピアノと動きを合わせる…というのが目標だったのですが、そこがとにかく難しかったです。最後まで悩みました。でも、ピアノ合わせの時よりはいいかな。ちゃんと伴奏を聞けていたし。
フレーズの終わりがスロート付近の音程が取りにくい音になることが多く、そこの音程をもうちょっと合わせたかった。でも、そこまで気が回りませんでした。く〜。
あと、フレーズの取り方が短かかったなぁ…と思います。反省。
ピアノ合わせの段階で録音して聞いてみれば、問題点にちゃんとフォーカスした練習ができたかも。次はそうしよう。


Max Reger:Clarinet Quintet, op.146 (第2楽章〜第4楽章)

管楽器とのアンサンブルは経験がありましたが、弦楽四重奏と一緒に演奏するは初めて。
テンポがやたら変わるこの曲、私には的確にキューを出すスキルはないので、先生の指揮なしには最後までたどり着けなかったと思います。
ま、反省点はたくさんあります。でも、終始楽しかったからいいや〜。
またクラリネット五重奏してみたいです。現代音楽の範疇でいったらフランセとか〜。
次は先生任せにせずに自分がもっとグイグイ頑張りたいわね。(←おばちゃんの野望)
♪ 続きを読む ♪

ECMの練習 15: 今日は軽い感じで…

先週の演奏会の余韻を引きずりつつも、今日はECMの練習の日でした。

Regerのクラリネットソナタの第3楽章のピアノ合わせ。
これはとても気持ちよかったです。
「この楽章を演奏会の曲にすればよかったね」と先生に言ったら、「これはきれいだけれど短すぎるよ」と言われました。確かにそうですけど、こっちの楽章の方が私の良さが活かせる気がします。でも、長くフレーズを取らないといけないので、それはそれでちょっと苦しいところもあります。
ピアノと合わせてみて、自分の譜読みの間違いを発見しました。あ〜、長い間勘違いしていたのか…トホホです。

その後はスタジオ・ジブリのメドレー。
私はこの曲は好きじゃないなぁ。そりゃあ「現代音楽」だけれど、結局はPOPsだと思うんだけどなぁ。でも、先生は来週もやってみたいらしい…なぜに〜?

ECMの後は練習室でBrahmsの五重奏の練習、そしてスタジオ・ジブリのメドレーも練習しましたよ。Zachが編曲した曲だし、先生がもっと追究してみたいのであれば…。

そんなこんなでした。

ECMの練習 14 : いい感じにまとまりました

今日は演奏会前の最後の練習。

ソナタの方は最初ステージの照明の暗さに目が慣れずに2箇所譜面が見えませんでしたが、あとは大丈夫でした。
ピアノ伴奏とも以前よりもずっと合っていて、特訓の成果アリです。
でも、来るはずだった譜めくり係の学生がまさかのNo Show!
前回の譜めくりにはちょっと不安が残ったので、先生はきっと気が気じゃないと思います。でも、いざとなったら先生の譜めくりのタイミングを私はちゃんと知っているので、自分でめくってくださいな。それでも十分合わせられると思います。

そこから約1時間後に五重奏の最後の合奏がありました。
演奏会当日ももうリハーサルはないので、これが最後の合わせです。
微妙な部分が数カ所ありましたが、止まらずにちゃんと最後まで行けたのでよしとしましょう。あ、私はちゃんとできてますよ。マイナーな間違いはありましたが、曲自体は誰よりも知っているので大丈夫です。歌うべきところは気分良く歌えたしppで入るところや高音域もビビらずにできました。よしよし。

当日も今日のように1時間ぐらいは待ち時間があると思います。
五重奏は体力勝負なので、今日は始まる直前にちょっと糖質を補給してみました。飲んだのはNesquikのチョコレート・ミルク。味ならドリンク・ヨーグルトの方が好きなんですが、乳成分がタップリすぎてお腹にグルグル来たら悲惨なので、当たり障りのない子供でも大丈夫な飲み物をチョイス。おかげで最後まで元気に通すことができました。

明日は軽く通しで練習して、本番に備えようと思います。

ECMの練習 〜特別練習日〜

今日の午後はソナタのピアノ合わせのために特別に時間を取ってもらいました。
お昼ご飯はバクバクっと飲み込むように早飯して、1時半から音出し。
そして先生のオフィスへGO!

これまで何度も合わせて来たのに上手くいかなかったところを、お互いに楽譜をチェックしながら確認。
どこで一緒にテンポを落とすか、どの音を確実に合わせて動くか、どのフレーズを受け渡しているかなど、細かい点をしっかり確認して練習しました。
さすが先生、目の付け所がシャープだね。(←聞いたことがあるフレーズだな)
私のように「何だかこの辺がモヤモヤする」というような漠然とした感想ではなくて、「どうすれば合うか」をわかっていらっしゃる。そりゃ〜、プロだものね。内容が濃くて、すご〜く勉強になりました。

私が「あがり症で、頭の中が真っ白になっちゃう」不安をお話ししたら、「演奏はコミュニケーションだから。二人がコミュニケーションをするいい機会だし、観客の中には生まれて初めてこの曲を聴く人いるんだから、その人たちにこの曲の美しさを聞いてもらいたいと思って演奏したら?」と言われました。
うむ〜。本番中にそんな風に冷静になれるだろうか…。
でも、ソナタも五重奏も一人で演奏しているんじゃないってことを忘れないで、一緒に演奏している仲間とのコミュニケーションを大事にしようと思いました。

ECMの練習13:今日もステージ・リハーサル

来週の水曜日が演奏会なもんで、今日はステージ・リハーサル。
音出しを始めたのが2時半、ソナタと五重奏のリハーサルが終わったのが5時。
お腹が空いて死にそうだぁぁぁ。
先生がステージ・マネージャーさんにお願いしてくれたので、今日はちゃんとステージの照明が点いていて、楽譜が見やすかったです。

ソナタはピアノの譜めくりの学生さんが来ていたのですが、先生が譜めくりのタイミングを出す「nod」が結構気になってしまった…。
先週に引き続き、合わないところもありました。
でも、お互いにどこをどうして欲しいのかをちゃんと言葉で確認することができて、大丈夫かなぁ…と思いました。明日の午後、ピアノ合わせを入れてもらったので、そこで確認すればきっと大丈夫さ〜。

五重奏は第3楽章のど真ん中の高音域のところ、頭がとっ散らかっちゃって転けた…いつもは全然大丈夫なところなのにぃぃぃ!!う〜、無念である。
通して吹くのは体力もそうですが、集中力がとても必要で、それが切れたらお終いです。テンポの変わり目とかもボヤボヤしていると危ないなぁ…。これからは細かいところを練習する前に、自分でも必ず通してみようと思います。

先生曰く「ここ3週間ぐらい、リードがすごくいい感じだね。」
私は自分で吹きながら聞いていると「反応がいい悪い」は明らかにわかりますが、音質についてはイマイチピンと来ないので、こう言ってもらえてホッとしました。試行錯誤してリード選びをしていますが、どうやら見当違いなことはしていないようです。

明日はソナタを合わせてもらって、その後は五重奏をしっかり個人練習しようと思います。

ECMの練習12:暗くて見えない…

今日はステージ・リハーサル。

ステージの上はリハーサル用のライトだったので薄暗くて楽譜が見えん!
こんなこともあろうかと老眼鏡を持って行ったんですが、老眼鏡をかけると特に立奏の時に視界がぐらっとする…。
あ〜、なんてこった〜!!
多分、演奏会当日は大丈夫だと思うんですが、なんとも苦しい状態でのリハーサルになりました。

ソナタは何かが引っかかるんですが、でも、ピアノが何をしているのかはちゃんと聞けたので、「あれ?」と思っても合わせることができました。でも、絶対何かが楽譜どおりじゃないと思う…それを追及していいのかどうかがわからない…。もうちょっと待ってみようかな。でも、週末に合わせてもらうんだったら、直前よりも今週の方がいいなぁ…。

五重奏は、いつも聞いている録音よりもかなりテンポを抑えての演奏になりそうなので、それなら大丈夫かなぁって感じです。逆にゆっくりのテンポの方がよろけた時に目立つので、連符はそのテンポできっちり練習しておこうと思います。第3楽章は、終わった時に「そのリード、いいじゃない?」と言われたので、(私自身はいいとも悪いとも感じなかったリードですが)先生が求めている「darkな高音域の音」が出ているということなんでしょう。だからと言って、このリードを温存しても、次に同じように鳴ってくれるかは疑問…。やっぱり今のうちに新しい箱を開けて、良さそうなリードをどんどん新規発掘しておこうかなぁ…と思いました。

来週もステージでリハーサル。
そして、その翌週はもう演奏会ですよ〜ん。

ECMの練習11:弱点を自己申告

今日のECMの練習は結構厳しかったです。

クラリネットソナタは、やっぱり先生と合わない…。
先生は多分他の伴奏の練習もあれこれ忙しくて、あまり手が回ってないのかなぁ。
あと、(私もよくありますが)「よし、練習したぞ!」と思うと、なんだかちょっと力んでしまってミスをし、「こんなはずではない」と気持ちが焦って益々ミスをしてしまうことがあるので、それなのかなぁ…と思います。(←ちょっと上から目線)
でも、最終的にはうまくいくって信じてるから、また合わせようね。(←かなり上から目線)
We can get there together sooner or later. Hopefully before the concert...

五重奏は、私が不安でたまらない第4楽章の最初の方のバリエーションを自己申告して合奏してもらいました。
前回ここを合奏したのはいつ?多分先学期中だと思います。その時は激しく落ちまくって復帰するきっかけすら見つからなかったので、そこからリズムを再確認してメトロノームでコツコツと練習していたんです。今日は、トリル+装飾音の部分はコケましたが、次の小節ではきっちり復活して最後まで行けたので、ここは多分大丈夫でしょう。
で〜も〜、弦楽器の皆さんが、結構大変そうだったかも。彼らもECM以外にあれこれ曲を抱えているので、細かく練習する時間がないのかもしれませんが、頑張ってくれたまえ。(←かなり上から目線)

演奏会のポスターができてきました。
Max Regerは43歳の若さで、仕事の後一人ホテルで亡くなったんですよね。
こんなに素敵な曲を作曲したのに、孤独な最後…お気の毒です。透明感が溢れている曲が多いのに、実はアルコール依存性に苦しんでいたんですよね。もっと長生きしていたら、もっと素晴らしい曲を残したかもしれないのにね。

ecm-concert-small.jpg

自分の名前の横にclarinetistと書かれていて、ちょっと気恥ずかしい。
っつ〜か、プレッシャーだからやめちくれ〜!
しかし、こんな風に書いてもらえるのは一生に一度しかないことだろうと思うので、気合入れて頑張ります。

ECMの練習10:今日も無事に終わった…?

春学期も3週目に突入し、演奏会までちょうど1か月になりました。

今日はクラリネット・ソナタのピアノ合わせから。
テンポ感がイマイチ合わない。
ピアノが私が急ぎたくないところで急いで行っちゃう感じ。
困ったなぁ。
まだ何回か合わせられると思いますが、どうにもしっくり来ないので、吹いていてイライラっとしました。先生に「そうじゃなくて!」とは言いづらい…。先生も練習していて、それでもうまく音符がはまっていないのが分かるので、もうちょっと様子を見ようと思います。

五重奏の方はまずまず。
弦楽器の皆さんはやっぱり色々細かい連符があるんですね。
私が細かい連符が続いて自分のことしか見えていない部分でも、実は弦楽器と絡んでいたりするので、今日の合奏はとても勉強になりました。
アンサンブルなんだから周りが何をしているかにもっと注意を払わなくちゃね〜。

ECMの後は小一時間個人練習をしました。
今日は第4楽章はゆっくりなテンポだったのですが、速くなったら目も当てられないのでそこを重点的に…。
演奏会まで時間は少ないのに、やるべきことが山積みです。
頑張ろう!

ECMの練習9:今日も乗り切った…

今日こそは第4楽章の私がヤバいところを攻められるのか…とドキドキしていましたが、今日のメインも第3楽章。
とにかく弦楽器の絡みが難しいので、そこを中心に練習が進みました。
だから私は待ち時間が長くて、その間に楽器が冷えちゃって辛いものがありました。

私はこのところRegerを中心に練習していて、5月の演奏会が終わるまでは、基礎練習はしても他の曲は練習しない方針です。
別の調の曲を練習すると頭がこんがらがってしまうかなぁ…という恐れがあるからです。なにせ自分が一番信用できませんからね。
でも、弦楽器の皆さんは音楽科なので、このアンサンブルのグループ以外にもあれこれ参加していて、曲もたくさん抱えているので、なかなかRegerだけを集中的に練習できないでいるみたいです。
本気を出せばできる人たちなので、最後の追い上げはすごいんですけどね。その辺は、私が教えている学生と同じ。普段は活用形とかめちゃくちゃでも、試験の前にはグッと頑張っちゃう人がいますからね。

今日の合奏の最後に、またまた先生に「beautiful clarinet」と褒められてしまって、こそばゆかったです。日本人だから褒められるのには慣れていないし、今日の合奏で取り上げられなかった部分に私は大量の地雷を抱えていますから…。来週の合奏ではきっと地雷を踏みまくります。先生、楽しみに待っててね!…って感じ。

合奏の前後も練習して、今日は充実した一日でした。