8月31日の練習 : いつものメニューで

今日は夕方、ちょっと早めの時間から練習。

音出しを兼ねてC majorで3度の動きを練習。
その後はRoseの32のエチュード。今日は4番の後半部分を中心に練習しました。
この4番、主にタンギングの練習なんだと思いますが、実はタンギングにはあまり苦手意識がないので、速いテンポで下降を続けながら途中途中でダイナミクスの変化をつけるところ、アクセントをつけるところの方が難しいです。
いつまでも最初と同じ音量で吹いてしまったり、音量を落とすのが早すぎて最後は消え入ってしまったり…。注意力が散漫だ〜。しかも4番は結構速い!メトロノームでテンポを落として練習していますが、目標のテンポで通せるまでにはしばらくかかりそうです。

気分転換に、ちょっとだけ5番の初見演奏にトライして挫折。
まったりしたテンポなんですが、3連符あり、6連符あり、8連符あり…で、頭の中がぐしゃぐしゃになっちゃいました。

その後はA管に持ち替えて、Mozartの協奏曲の第3楽章。
指が均等に回っていない部分を取り出して練習しました。
それにしても、Mozartだっちゅうのに、眉間にシワよせて吹いているのはどうかと思います。特に第3楽章は明るい気持ちで吹きたいものです。

夕飯前だったので、あ〜、お腹が空いた!…ってところで、本日は終了。

8月30日の練習 : 今日はショート・コース

夕方に練習に行ったら、オフィスから楽器を持ち出す段階で同僚に捕まってしまいました。
週末の夕方だっちゅうのに、パソコンの使い方のことで長々と質問されて身動きできず…。

そんなこんなで今日の練習はとても短時間で済ませました。

私は指の動きが大きくなる傾向があり、特に苦手なフレーズでそうなってしまうので、結果的に自分の首を絞めてしまう悪い癖があります。3度の動きを2度ずつ繰り返しながら均一にできるように練習することで、その癖が解消できるというのを読んだので、やってみることにしました。アイヒラーのスケールの中から3度の動きを選んで、ドミドミレファレファ…という感じで上がって下がってくるという練習です。確かに指がバタバタすると均等には動けないので、改善につながるかもしれません。今後も音出しを兼ねて続けてみることにしました。

その後はエチュード。
ローズの32のエチュードの2番を復習した後、4番は半分まで練習。
私はローズの32のエチュードは、単独に綴じてあるバージョンと、他のローズのエチュードと一緒になっているバージョンと2冊持っています。昨日まで使っていた単独のバージョンは五線の上下の加線が妙に短くて細〜く印刷されているので、例えば五線のすぐ下のレの音とドの音の区別がつきにくくて困っていました。他のエチュードと一緒になっている本の方が少しは印刷が濃くてマシだったので今日からはそっちを使っています。
こういう些細なことがミスを呼んでイラっとするので、誰が見てもちゃんと分かるように、濃くてはっきりした楽譜を出版してほしいものです。

最後はMozartの協奏曲の第3楽章。
第3楽章は主に編曲のエディションを変えたことが原因でアーティキュレーションが変わってしまったところが課題です。6つの16分音符全部にスラーがついていたところが、新しい編曲ではタラタタタタのような2つスラーで4つは切るパターンになったりしていて、ついつい以前練習した通りに吹いてしまうところがあちこちあります。あとは音域がオクターブ下がったり上がったりしたところが要注意。昨日の練習の後で「ここはメトロノームで練習すること!」とマークしておいた部分をじっくり練習したら、だいぶ良くなりました。

今日は時間が足りなかったので、明日は誰にも会わない時間に行ってたっぷり練習したいです。

橋本杏奈

橋本杏奈さん、この人の演奏も好きです。

Poulencのソナタの演奏が(これはCDから勝手に載せてるんだと思いますが)、YouTubeにあります。他にもMozartの協奏曲の演奏が、そのオケの指揮者のYouTubeにありました。

棘のないまろやかな音、大好きです。
真摯に演奏している感じがいいなぁ…と思います。

こういう奏者に吹いてもらえたら、きっと楽器も幸せですね。
私の楽器には、私の力不足で「楽器としての資質」を全部引き出してあげられなくてごめんね〜って思っています。その分、毎日吹いているから許してね…って感じ。

8月29日の練習 : 完全復活

今日は左手の親指の痛みも消えて完全復活。
爪の横の皮膚の下に硬〜い部分があって、それが気になってむしりたくなりますが、「それは絶対にダメ」と自分に言い聞かせてします。

今日はA管でスケールを練習して、そのままエチュードも練習しました。
今日練習したのはRoseの32のエチュードの2番。
昨日、音取りはしてあるので、今日は少しずつテンポを上げていきました。
Roseのエチュードは40のエチュードも、ゆっくりな曲と速い曲が交互に出てきます。
ゆっくりな曲はまとめやすいですが「なぜこんなところにアクセント?」というような理解に苦しむ曲もあるので、練習していて楽しいのはテンポが速い方の曲です。私の苦手のツボを突いてくる感じで、「練習してる〜」っていう気になるし…。

その後はMozartの協奏曲の第3楽章。
久しぶりでしたが、この楽章は相性がいいのか楽しく吹けました。
問題箇所も残りわずかなので、この楽章だけでも夏休み中に「今回はこれでよし」と思えるところまで持っていきたいです。

明日も頑張ろう。

ウィーンフィルのサマー・ナイト・コンサート

たまたまテレビをつけたら、教育テレビのようなチャンネルでウィーンフィルのサマー・ナイト・コンサートを放送中。
シェーンブルン宮殿の美しい庭園での野外コンサート。
(コンサートは80カ国で放送されたようで、日本でも当然放送されています。)

シェーンブルン宮殿は数年前に友達と訪れた懐かしい場所です。

ピシッと手入れされている花壇の部分には、さすがに座席の設営はしていなくて、花壇を囲む通路部分に座席がある状態。
丘の上にあるグロリエッテの周りでは自由に座って鑑賞をしている様子が映っていました。
いいなぁ〜。

summer_concert.jpg

最後の曲はシベリウスの『フィンランディア』。
冒頭の重く力強い部分と、フィンランド賛歌(このコンサートでは合唱なし)の清らかな雰囲気とが相まって、とてもいい曲です。
花火の演出も素晴らしかったです。

この曲を聴く度に、金管のンタタタタタタッタッタを無性に吹きたくなっちゃいます。

そして、『ダイ・ハード2』の最後の場面。
テロによって機能を失った雪の空港に、上空を旋回していて燃料切れが迫った飛行機が次々に降りてくる緊迫した場面を思い出します。

ホーリー!!!

8月28日の練習:長期的な課題

左親指の痛みはスケールの2ぐらいになりました。
まだ少し痛みが残っていますが、週明けには完治すると思います。

もう夏も終わり〜。
それにしても、なかなか上達しないもんだなぁ…と、自分の鈍さに呆れています。
これは練習の方法がどっか間違っているんだろうなぁ…。
闇雲に吹くだけにならないように、自分なりに色々考えてはいるんですけどね。
新しい先生を探すことを真剣に考えなくちゃ。

でも、前の時は、「この先生とは合わない」と最初の頃からずっと思っていたのに、最終的にやめると言い出すまでに2年かかったので、新しい先生を見つけることについてはとても慎重になっています。
アメリカの田舎町ではクラリネットの先生がそもそも少ないし、ほとんどの先生が何かしらつながっているので、shop aroundっていうわけにはいかないんですよね。
しかも、アメリカ人は素人に毛が生えたぐらいでも「経験あります。教えられます」って自信満々になっちゃう人が多いので、私の好きな音色を持っていて、私が教えて欲しいことを教えられる先生なのかどうか、しっかり見極めてからじゃないと…。

そんなことを考えながら、今日もエチュードの練習。
難しい曲ではないのに、ちゃんとした演奏を目指すとなかなか難しいです。
どこかが揺れたり、どこかが切れたり、どこかのアクセントが抜けたり…。
漫然と練習しないで、自分の演奏を録音して嫌でも聴いてみるとか(そんなこと、普通みんなやってますよね。嫌でも…)、1冊のエチュードを1曲ずつ練習、録音していくような、比較的長期に渡る自分への課題っていうのを考えようかしら。

来週はあれこれ健康診断の予約が入っていて、しかも、そのうちの一つは前日から消化管を完全に空にするという結構過酷な準備をするヤツなので、来週はほとんど練習できそうもない予感がします。その分、週末にきっちり練習しておこうと思います。

8月27日の練習:ようやく復活

左親指はまだちょっと痛いです。
よくアメリカの病院では「今の痛さは、1から10のスケールではどれぐらい?」って質問されるんですが、一昨日の痛さは15ぐらい。(もはやスケールからはみ出すぐらいの激痛)
指先に何か触れるだけでも痛かった…。
で、昨日は8ぐらい。
今朝は5ぐらいまで治り、夕方からは3ぐらいになりました。

「もし痛くてレジスターキーが押さえられなかったら、低音の方で運指の練習すればいいや〜」と練習に向かいました。
最初はおっかなびっくりでしたが、音出ししているうちに全然気にならなくなりました。
もう大丈夫かも〜。

一昨日と昨日、たった2日のことなのに、すご〜く久しぶりに練習したような気がします。
気持ちよく練習できて楽しかったです。

今日は主に音出しと簡単なエチュード。
レジスターキーの使用頻度が高すぎて一昨日は涙が出そうだったBrahmsのソナタを練習しました。
これが吹けるってことは、親指はもう大丈夫だ〜。
よかった…。

8月26日:まだ復活できず

左親指の痛みが治らず、今日は練習を休みました。

今日もお昼前からオフィスで仕事をしていて、夕方5時頃、「痛みをおして練習に行くべきか。それともお休みするべきか」と迷ったのですが、痛いまま練習して変な構え方の癖がついたら厄介なので、今日はやめておくことにしました。

練習したいのに吹けないのは本当に悔しいし、悲しいです。

でも、その分、仕事の方を延長線で頑張って来ました。
机の上のメモに書いてあったTo-Do-Listの中身をほとんど終わらせたので、指が治ったら9月中旬までの2週間練習三昧です。
楽器の演奏は暗記科目のようにまとめて長時間頑張っても急に上達するものではありませんが(勉強だってそんなやり方じゃ身につかないもんね)、仕事との時間配分などを気にしないで好きな時間に練習できるのは気楽でいいものです。

オフィスで仕事している間、YouTubeやiTunesでいろいろな人の演奏を聴いていました。
Mozartの協奏曲はやっぱりSabine Meyerの演奏が一番のお気に入りです。
彼女の演奏は、とても真摯な印象で、天との対話という感じがするんですよね。
とても神聖な感じ。
無我の境地…と言うんでしょうか。
華やかな高音、深い響きの低音、ブレない動き、私の好みです。
いつかはこんな音が出せるようになりたいなぁ。

Martin Frostの演奏も嫌いじゃないですが、彼の演奏は自己主張が強すぎて、私が持っているこの曲のイメージとは合わないような気がします。もっと個性が出せる曲の方が向いているんじゃないかと…。(あくまでも個人の好みの問題ですから。感じ方は人それぞれってことで。)

たとえMozart自身が女たらしでおフザケばかり、下ネタ大好きな性格破綻者だったとしても、Mozartの音楽は神が書かせた…と思っているので、自分を抑えた演奏の方が私にはしっくり来ます。

あ〜、早く吹きたい!
とりあえず、私は「(技術面でも精神面でも)自分の至らなさ、未熟さ」を表に出さないような演奏がしたいです。

8月25日の練習 : レジスターキーが押せない

今日は午前中からオフィスで仕事をしていたので、夕方、オフィスから直接練習に行って来ました。

問題は左手の親指…まだ治っていません。
仕事をしている最中も、ちょっと何かに当たるとジンジン痛かったのですが。

楽器を組み立てて音出しを始めてすぐに気がつきました。
あー、これじゃ無理だわ〜。
指が痛くてレジスターキーが押せません。

leftthumb.jpg爪のキワの赤くなっている部分も痛いんですが、一番痛いのは親指の爪の左上のコーナーの外側の「肉」の部分。

巻き爪が食い込んだようなズキズキした痛みがあるのに、ちょうどこの部分でレジスターキー押さえるのは拷問…。

気が遠くなるほど痛い!!

でも、せっかく練習に来たんだし…と少しは頑張ってみましたが、痛みを避けて指をかばうような変な押さえ方が癖になったら困るので、無理はしないことにしました。
夢中になったら痛みは忘れられるかしら…って思ったのも事実ですが、そんな甘くはなかった。スポ根のアニメのようにはいきませんって。

それにしても、レジスターキーがうまく押せなくてオタオタするのって、なんか初心者の頃と復帰直後の頃みたいで懐かしい〜。
左親指が適当な押さえ方をしていてもそれなりに鳴る音と、ちゃんとしていないと鳴らない音があるっていうのは、初めての発見です。あれ、これって私の楽器が整備不良なの??

とにかく、明日には痛みが消えてるといいなぁ。
寝る前に痛み止め飲も…。

8月24日:今日はお休み

 左親指の深爪のため今日はお休み。

深爪とはちょっと違うのかな?
私はよく爪のキワの皮膚が硬化してしまうんです。
硬くなった皮膚を無意識にむしってしまうことがあって、そこがちょっと化膿してズキズキ痛いです。
クラリネットを再開してから、手の爪は伸びすぎないように、切りすぎないように気をつけて来たんですけどね〜。

もしかしたら「たまには夜、家でゆっくりしなさい」という天のお告げでしょうか?
大抵、晩御飯の後で練習に出かけて、帰ったらもう寝る時間だったりして、家族サービス(家族=猫ですが…)がおろそかになっていましたからね。家にいても一緒に何かするわけじゃありませんが、毎晩、お母さんはどこにお出かけしてるんだろうって思っていることでしょう。

爪のキワは、バンドエイドが貼りにくい箇所なので、液体の絆創膏で傷口をカバーしています。
便利なものができたものです。
夏に一時帰国した際に買ってきてよかった〜。
明日には痛みも引くと思います。そしたらまた練習だ〜。


そういえば、ブログのプラグインのFlag Counterがいつの間にか消えてしまっていました。
ブログを始めた頃のテンプレートに設定が残っていないかなぁと探してみたんですが見当たらないので、一から設定し直しました。
どこに行ってしまったんでしょうね?