買っちゃった〜、『Alfred Uhl: 48 Etüden für Klarinette』

Alfred Uhlの『48 Etüden für Klarinette』は上級者向けだと聞いたので楽譜を見たことすらありませんが、こんなCDを買っちゃいました。

買ったのは随分前で、アメリカのAmazonで購入。実際の品物は日本から発送だったので、買ったことをすっかり忘れていました。

uhl etudes全48曲の演奏が収録されています。
今、聞きながらこのブログを書いていますが、これは素晴らしい!
それぞれの曲の特徴が吹き分けられていて、音色もとても素敵です。

目が黒いうちに、1曲でもいいからこんな風に吹けるようになりたいです。

かなり前になりますが、Roseの『32のエチュード』のmp3バージョンも買いました。こちらはiTunesで購入したのをiPodに入れて、主に車の中で聞いています。最後の曲の後に、32曲全曲をコラージュしたような音源が入っていて、それが一番面白いです。
Roseのエチュード、難易度は私には十分過ぎるぐらいですが、奇数番号のゆっくりなテンポの曲がどれもとても似ている印象で、取って付けたようなアクセントとかトリルとかターンとかがイマイチ好きになれません。「それは音楽としては必要なの?」って、な〜んか気になっちゃうんですよね。その結果として偶数番号の速い曲ばかり練習してしまうわけですが…。

新学期の準備で図書館から50冊の本を借り出してオフィスに運んだら右手首が痛いです。
それ以前に、昨日、かなり長時間練習したので手首が鈍〜く痛かったのもありますが…。
痛みが出るような無理な練習は、気持ちに焦りがある証拠ですね。ダメだな。
今日は練習はお休みして、頭を冷やしつつ英気を養うことにします。
明日は新鮮な気持ちで練習するぞ〜!
Category: その他