リード・タッパー2号!

1週間ほど前に作ったリード仕分け用のタッパー、これがとても便利。
練習の始めに、「今日は普通でいいや」とか「今日はちょっと柔らかめで」とか、ざっくりとリードを選べるのがとても気に入っています。(普段からリードにこだわりがある人には向いていないかもしれません。)

ただ、たまたまあった空き箱を利用して仕切りを作ったせいで、タッパーの深さに対して仕切りの高さがちょい不足。そのため雑に持ち歩くと、せっかく仕分けした「柔らかめのリード」と「ちょうどいいリード」と「硬めのリード」が、仕切りを乗り越えて混じってしまうという欠点あり。だから、リードの個別のケースにS、Hと油性のペンでマークしてありました。もうちょっと仕切りを高くしないとね〜。

ということで、仕事のちょっとした空き時間に改良版を工作してみました。

じゃじゃ〜ん、リード・タッパー2号!

reed_tupper2.jpg
(小学生の工作っぽい出来上がり…)

仕切りの高さをタッパーの深さと同じにしたので、リードが勝手に混じり合うことはありません。…が、タッパーを落としてザラザラ〜っと中身が出ちゃった時に備えて、やっぱり個別のケースにSとHはマークしておいた方がいいかなぁと思うのでした。