4月30日の練習:今日はロングトーンから

今日は夕方から練習へ。

最近気になっていたことがあり、昨日から「明日は絶対にロングトーンをする!!」と思っていたので、最初はロングトーンから。
自分が出せる一番小さい音量から入って一番大きい音量まで上げて、そこからまた音量を落とす…と言うのを、最低音から自分が出せる最高音までしました。
あ〜、すっきりした!

目前に迫って来た演奏会の曲の中で、私にとっての難所の一つは高音域の音にppで入るということなのですが、それを気にする余り、全体的にダイナミクスのレンジが狭くなり楽器の鳴りも悪くなって来ている気がしていたんです。
きれいな音で吹こうとし過ぎて、響きがなくなって来た感じ?
口先で話していて腹から声が出てない感じ?
ま、そんなところです。

曲の練習はもちろん大事だし、高音域をppで入る(入るべきタイミングできっちり入る)とか連符で指がきれいに回るって言うのも大事なことですが、それだけじゃダメですよね。自分が聞きたいと思う音、自分が好きな音が出ているのかな?演奏会が迫って夢中で曲を練習しているけど、ここで一瞬でも基本に帰ろう!

ロングトーンの後はRegerの五重奏を第2楽章から第4楽章まで、大事な部分を取り出して練習。第1楽章はそもそも演奏会でも演奏しないのですが、残りの3楽章だけでも合計が30分近いので、結構大変です。
月曜日のECMではきっと通して合奏するんだろうなぁと思うので、長時間ずっと集中力保てないとね〜。

明日はソナタも練習しようっと。

4月29日の練習:リード選び

新しく開けた二箱を試し吹き。
練習に使えそうなのは20枚中11枚…ですが、本番に使えそうなのは1枚ってとこかな。
最初からバリバリ吹きすぎてはいけないので、ちょっとずつ吹いて様子見です。

今日はRegerの五重奏、相変わらず引っかかる連符を中心に練習。
曲の中でもリード選び。
第3楽章、第4楽章の最後の部分など、上の音がppできれいに出るか、さらに高音域がdarkな音で鳴るか(これは実は自分でははっきりわかっていない…)など、この曲のポイントになる部分を吹きながら取捨選択。
既にリードケースに入っている「一軍」のメンバーでも、お天気や体調ではイマイチだったりするので、リード選びには本当に気を使います。

続けてRegerのクラリネット・ソナタ。
音の跳躍がスムーズに行くように気をつけつつ、割とサクッと練習。
第1楽章と、最近練習した第3楽章も通してみました。(第3楽章は2箇所リズムが混乱して止まってしまったところ有り…)来週のピアノ合わせ、頑張ろうっと。

そんなこんなでした。
あ〜、お腹が空いて死にそうだ…。

4月28日の練習:血糖値低し…

本日木曜日は1週間の中で一番忙しい日です。
早朝から洗濯、授業、オフィス・アワー、読書クラブのお手伝い…全て終わった時点で5時半。疲れはMAX。
でも、演奏会が近いのに休んじゃうのは気が引けたので練習へ…。

A管で基礎練習をして、いいリードを選んで、Regerの五重奏の第4楽章を練習。
連符の部分が相変わらずムラあり。
しつこく練習しているうちに、お腹が空いて血糖値が低くなったのか、気持ちが悪くなっちゃいました。
明日からの3日間、週末で練習時間が自由に取れるので、今日はそこで終了。
く〜、基礎練習をしている時は調子が良かったのになぁ…。

オフィスに戻ったら、先生からメール。
クラリネット・ソナタの追加のピアノ合わせは来週の火曜日になりました。
先生も忙しいでしょうにかたじけない。

週末は仕事のことは忘れて(忘れちゃっていいのか??)気がすむまでたっぷり練習しよう!

4月27日の練習:dolcissimoって言われてもね〜。

今日はあちこち関節が痛い日でした。
ま、こういう日もあるさ。
あちこちにファイテンのチタン・テープを貼って過ごしています。

今日の練習はA管でスタッカートの練習の4番。
その後はRegerの五重奏だけをチマチマ練習しました。
第4楽章はちょっとテンポを落として、ごにょっとしてしまう一部の連符を練習。
すんなり出来る時もあるんですけどね〜。
イマイチ成功率が上がらないのと、果たして本番で血迷うことなくできるかどうか不安だったので…。

リードの調子がよかったので、第3楽章も。スラーでの音のつながりをよく聞きながら練習。弦楽器と合わせていると誤魔化してしまえる感じですが、実は客席で聴いたらスラーが切れていたりするのはバレバレなんじゃないんだろうか…。

第2楽章はすご〜く久しぶりに練習した気がします。
この楽章だけはあまり心配な事がないのですが、dolcissimo(dolceの最上級)がバシバシ出てくるので、「本当にむちゃくちゃ愛らしく歌えているかしら〜?」って言うのがおばちゃんの最大の課題であり、疑問でもあります。(この用語が出てくるたびに、「それはおばちゃんにはキツイわ〜」って心の中でつぶやきながら吹いています。)

一昨日の夜に「この先、今度の演奏会以上に大事なイベントがあるわけでなし、ケチケチしないで面倒がらずにリードを開けちまえ!」と、新しい箱を2箱開けて下ごしらえ中です。週末には新しいリードを試し吹きできるはず。その中にいいのがあったら使えばいいし、新しいリードの中にはいいのがなくても今ある中に既に何枚かいい感じのがあるので、リードはなんとかなりそうです。

4月26日の練習:じっくり練習

ECMのクラスがある日は個人練習があまりできないので、今日はじっくり自分が気になるところを練習。

Regerのクラリネット・ソナタは、中間部のagitatoの部分とそうじゃない部分での、テンポや音量、音質のコントラストがなんだか曖昧なところが気になっています。
ピアノとの絡みも大いにきになるところなので、昨日は先生に「追加で合奏してほしい」というメールを出しました。ピアノ譜、何度見ても(ピアノを弾かない私の目から見ても)難しい。一拍にこんなに音が詰め込まれていると、練習もさぞかし大変だろうなぁと思います。私がこの曲を選んだために苦労かけてます。すみません。

クラリネット五重奏は、第3楽章のゆったりした部分と、エキセントリックな高音域でのソロ(この曲は基本的にほぼ全部がソロなんだけど、これはやたらと目立つソロ)、pで高音域の音にスラーで上がっていくところの突拍子のなさが気になる部分。このところ動きが細かい第4楽章に時間を取られていましたが、今日は第3楽章をじっくり練習しました。そして第4楽章へ。ここでお腹がグーグー言い出して集中力が切れたので今日はおしまい。

演奏会当日も五重奏を吹くのは夕方のお腹が空く時間になるわけですが、第2楽章からず〜っと最後まで通しで吹けるんだろうか…。ソナタが終わってA管での音出しを始める前に、飴玉でも舐めておいたほうがいいんじゃないんだろうか…。

昨日のステージ・リハーサルの終わりに、先生は「今度は通してみよう」とおっしゃっていました。私もそろそろ通してみたいです。今回はステリハの回数が多く、「パニクるおばちゃん」のことをよく考慮してくださってるなぁと感謝しています。おばちゃんはおばちゃんなりに精一杯頑張るからね〜。

ECMの練習12:暗くて見えない…

今日はステージ・リハーサル。

ステージの上はリハーサル用のライトだったので薄暗くて楽譜が見えん!
こんなこともあろうかと老眼鏡を持って行ったんですが、老眼鏡をかけると特に立奏の時に視界がぐらっとする…。
あ〜、なんてこった〜!!
多分、演奏会当日は大丈夫だと思うんですが、なんとも苦しい状態でのリハーサルになりました。

ソナタは何かが引っかかるんですが、でも、ピアノが何をしているのかはちゃんと聞けたので、「あれ?」と思っても合わせることができました。でも、絶対何かが楽譜どおりじゃないと思う…それを追及していいのかどうかがわからない…。もうちょっと待ってみようかな。でも、週末に合わせてもらうんだったら、直前よりも今週の方がいいなぁ…。

五重奏は、いつも聞いている録音よりもかなりテンポを抑えての演奏になりそうなので、それなら大丈夫かなぁって感じです。逆にゆっくりのテンポの方がよろけた時に目立つので、連符はそのテンポできっちり練習しておこうと思います。第3楽章は、終わった時に「そのリード、いいじゃない?」と言われたので、(私自身はいいとも悪いとも感じなかったリードですが)先生が求めている「darkな高音域の音」が出ているということなんでしょう。だからと言って、このリードを温存しても、次に同じように鳴ってくれるかは疑問…。やっぱり今のうちに新しい箱を開けて、良さそうなリードをどんどん新規発掘しておこうかなぁ…と思いました。

来週もステージでリハーサル。
そして、その翌週はもう演奏会ですよ〜ん。

4月24日の練習:明日からはステリハ。

ECMは毎週月曜日と水曜日の午後。
土曜日の夜に翌週に何をするのか、何時にそのグループが集合なのか、先生がメールで知らせてくれます。
私の出番は大抵月曜日にあります。
明日はRegerのソナタとクラリネット五重奏曲の第3楽章、第4楽章(主に第3楽章)というお知らせが来ました。

ということで、今日はその練習。
B♭管で基礎練習の後はソナタ。第1楽章と第3楽章も練習しました。
もしどうしてもピアノが大変そうだったら第3楽章に変更してもいいなぁと思っているので、第3楽章はバックアップのために。きっと第1楽章のままで大丈夫だと、8割方は思っているのですが…。

五重奏曲の第3楽章は高音域で突拍子もない音が出ないように、気を使う楽章です。
リード選びが慎重になりすぎちゃって、どのリードも気に入らないって感じ。
やっぱり新しい箱を開けようかなぁ…。開けるんだったら今が決心のしどころだ〜。
演奏会の後だって演奏は続くんだから、開けちゃえ!!

明日からはステージでのリハーサルなので、ステージでの演奏に慣れて落ち着いて本番に臨みたいです。(先生はそれを考えてステージを早々と予約してくれたのかな??かもしれません。ありがと。)

4月23日の練習:久しぶりに夜練

今日は午後7時から練習へ。
先学期も今学期も夕方あまり遅くならないように練習していたので、よく考えたら夜に練習に行くのは久しぶり〜。

今日はB♭管で基礎練習とスタッカートのエチュード。
スラーあるいは普通にスラーなしで吹いたらすご〜く易しいエチュードなのに、スタッカートがあると難しい。
途中でスタッカートが甘くなって音が長くなって来ちゃうんですよね。
疲れてくるのと、集中力が切れてくるのが原因。
最後までしっかりスタッカートをキープし、ダイナミクスにも注意をしながらきっちり吹きたい…と思っているのに、なんかダレダレになってきて自分にイラっとしました。

その後はRegerのソナタの第3楽章と第1楽章。
月曜日はステージでのリハーサルなので、ピアノと合うといいなぁ。
これでダメだったら次の週末は先生と二人で合わせてもらおうと思います。

最後はA管でRegerの五重奏曲。
第4楽章は昨日よりも1歩後退した感じ。
う〜む。
月曜日は第3楽章を中心に、第4楽章のピシッとしないところも合わせるそうです。
明日も練習しようっと。

右手はもう大丈夫。

復帰後しばらくの間真剣に悩んでいた「サムレストと右手の問題」、気がつくと解決していました。

「昔吹いていた時よりも右腕を内転した状態で楽器を構えているために、右手が絡んだ速い動きがぎこちない。右小指のキーにも指が届きにくい(元々手が小さく指が短いせいもありますが…)。サムレストがもっと下にあったら構えやすい気がする」というのが私の問題。

どうしたものか…と、サムレストを交換することを考えたりしていたんですが、なんか必死に練習しているうちに「悩んでいるヒマ」がそもそもなくなり、気にならなくなったというのが真相です。別の意味で「時間が解決してくれた」っていうヤツですね。

闇雲に練習して悪い癖がついてしまうのはいけないと思いますが、そうならないように自分で意識していられるのであれば練習こそが解決の糸口なのかなぁと思います。

そんな時に見つけたこんな貼り紙。
練習室の近くの誰かのオフィスのドア横に貼ってありました。

practice.jpg


Category: その他

4月22日の練習:スタッカート

今日はクラスを教えない日なので、朝はのんびり。
最近急に気温が上がってきたので、クローゼットの冬物(と言ってもコットンのセーターとか、長袖のTシャツとか)を、夏物と入れ替えました。
この冬はエルニーニョの影響で雨が多く気温も上がらないと聞いていたので、ユニクロのヒートテックのシャツや厚手のセーターを買い足して備えていたのに、どういうわけだか例年よりも天気が良くてほとんど着ないで終わってしまいました。

午前11時頃から練習へ。
昨日お休みした影響はほとんどなく、楽しく練習できました。

今日はまずB♭管で新しく買った『17 staccato studies』(by Reginald Kell)の1番を軽く練習。難しくはないんですが、スタッカートすることで生じた余白部分(?)をキープしていないと、リズムが乱れちゃうし全体的に走っちゃうし。音がある部分よりも音がない部分の長さを意識しないとダメだなぁと思いました。
タンギング、スタッカートはクラリネット奏者の永遠の課題だと思うのですが、特にスタッカートは日頃から練習しておこうと思います。

その後はRegerのクラリネット・ソナタ Op. 107の第3楽章。
付点音符、副付点音符のカウントが甘くて、特に前者は3対1になるべきところが、無意識のうちにまったりと2対1になってしまうところがあるので、気をつけて練習しました。この曲、本当に美しい。第1楽章は激しい心の叫びを感じますが、第3楽章は心の底にある静かな悲しみに触れている感じで、人生に苦しんでいたRegerの晩年についを色々と考えてしまいました。第3楽章の後は第1楽章も練習しました。こちらは細かい音符の精度を上げる練習。

そこからRegerのクラリネット五重奏曲の各楽章の心配なところを練習。
1日練習を休みましたが後退はしていませんでした。
本番まで3週間を切り、来週からはステージでのリハーサルが入ってくるので、週末はしっかり個人練習しようっと。