ECMの練習 〜特別練習日〜

今日の午後はソナタのピアノ合わせのために特別に時間を取ってもらいました。
お昼ご飯はバクバクっと飲み込むように早飯して、1時半から音出し。
そして先生のオフィスへGO!

これまで何度も合わせて来たのに上手くいかなかったところを、お互いに楽譜をチェックしながら確認。
どこで一緒にテンポを落とすか、どの音を確実に合わせて動くか、どのフレーズを受け渡しているかなど、細かい点をしっかり確認して練習しました。
さすが先生、目の付け所がシャープだね。(←聞いたことがあるフレーズだな)
私のように「何だかこの辺がモヤモヤする」というような漠然とした感想ではなくて、「どうすれば合うか」をわかっていらっしゃる。そりゃ〜、プロだものね。内容が濃くて、すご〜く勉強になりました。

私が「あがり症で、頭の中が真っ白になっちゃう」不安をお話ししたら、「演奏はコミュニケーションだから。二人がコミュニケーションをするいい機会だし、観客の中には生まれて初めてこの曲を聴く人いるんだから、その人たちにこの曲の美しさを聞いてもらいたいと思って演奏したら?」と言われました。
うむ〜。本番中にそんな風に冷静になれるだろうか…。
でも、ソナタも五重奏も一人で演奏しているんじゃないってことを忘れないで、一緒に演奏している仲間とのコミュニケーションを大事にしようと思いました。
Category: ECM (2015-16)