5月4日の練習:ソナタを中心に

演奏会まで丁度1週間になりました。

今日の練習はまずはソナタ。
昨日のピアノ合わせでチェックした部分と、ピアノと合わせながら「あれ、こんなところが雑だった」と気がついたところに気をつけながら、何度か通しで練習。気持ちの迷いがなくなるように、頭の中が真っ白になってもなんとかなるように練習しました。
一箇所、アクセントとスラーが両方ある部分があって、私はずっと「スラーの中で一音ずつはっきり出す」ように吹いていたのですが、昨日のピアノ合わせで「スラーはないと思って、きっちりアクセントをつける」ことに変更したので(その直後にあるピアノの同じ動きに合わせるために)、そこだけは今までの吹き方に引きずられないように注意。

その後は五重奏の通し。
第2楽章はいい感じ。
第3楽章の高音域部分はいい感じ。でも、高音へスラーで上がるところが飛び出しそうで怖い。怖いと思っているともっと飛び出しそうだし発音が遅れそう…。
第4楽章の連符の中の装飾音があるところは許せるような許せないような出来。むむむ。
通した後は気になった部分を取り出して練習。

ここから1週間はウォームアップ以外はずっとこんな練習になりそう…。
他の曲に時間と労力を割かずに、とにかく演奏会の曲を中心に頑張ろうと思います。