5月14日の練習:A管で基礎練習だけ

今日は午後3時から以前の教え子の作曲のリサイタルがあったので、その前に練習へ。

演奏会が終わってしまって当分A管で演奏する機会はないんですが、ずっと吹かないでいるとA管を吹く感覚が鈍るので、時々はA管で基礎練習をしないとね…と思い、早速KellのスタッカートのエチュードをA管で練習してみました。
あ〜、このもっさり感は何…?ほんの数日A管を吹かなかっただけなのに、なんだかボンヤリした音がしました。ほら見たことか!これからも練習日の3回に1回はA管を吹くとか、定期的にA管を吹いていかないとダメだなぁと思いました。

…で、そんなことをしているうちに、時間がすごく中途半端になってしまったので、B♭管を出すのはやめて、練習はそこまで。B♭管は明日練習すればいいや〜。

作曲のリサイタルはすごく素敵でした。
管楽器を交えた曲あり、ピアノの二重奏あり、インドネシアの民族楽器を使った曲あり、カリヨンあり。多彩な曲を楽しめました。
日本語のクラスでも真面目ないい学生でしたけど、それだけではない独創性に感心しました。才能溢れてるって感じでした。