5月21日の練習:調子がいいサイクル

今日は土曜日だというのに来週の学科のイベントの準備のために同僚と買い出しへ。
その後、土曜日だというのにお弁当を持って出勤し、夕方まで延々と仕事。
演奏会の前は仕事の遅れが貴重な練習時間の削減につながるので前倒しでキビキビ仕事をしていたのですが、演奏会後に気持ちがダレて仕事がどよ〜んと遅れてしまいました。
何をやってるんだ、私…。
今日の休日出勤でようやくcatch upできました。
あと2週間で学期末なんだから、最後まで気合いを入れて頑張ろう!

練習の方は、まずは運指の教則本。
最近は小指が絡んだ最低音付近の運指を重点的に練習しています。
左右の小指関連は一般的に問題点が多いところなのか、まだまだたくさん練習するページが残っています。

その後は、昨日の夜に頑張ってオクターブ下げて書き直した譜面でジブリ・メドレーを練習。やっぱりこの方がスッキリします。
この曲、どこまでのperfectionを目指しているのか謎ですが(しかも来シーズンに演奏会のプログラムに入れるのかどうか…まさかそれはないと思いたいけど)、とりあえず月曜日の合奏はこれで何とか乗り切れるだろう…。
でも、本音を言わせてもらえば、「なぜこの曲を練習しているのかがやっぱり理解できない」…そんなところです。

それからRegerのTwo Pieces。
フレージングに気をつけて練習しました。
特に、息継ぎの後の入りが前後のダイナミクスと無関係に小さくなってフレーズが切れてしまうこと、クレッシェンドはいいのにデクレッシェンドのタイミングが早すぎることに気をつけました。

ここ数日、新しく買った(買ってから数か月しまってあった)マウスピースで練習していますが、今日ようやく「あ、吹きやすくなった」と感じました。まるで新しく買った靴がようやく足に馴染んだかのように、ふわっと吹き心地がよくなりました。割と柔らかめのリードで無理なくいい感じの音が出ていたので、私は今「調子がいいサイクル」にいるようです。調子がいい悪いのサイクルがなくなって、いつも調子がいい状態を保てればいいんですけどね〜。