6月3日の練習:A管でちょっとだけ

学期末が近づいて、仕事が立て込んでいます。
仕事の本流はかなり終わっているんですが、それに付随する小さいことを学期が終わるまでにあれこれケアしなければいけなくて、時間を取られているのが現状です。

今日は午後から学部の年度末のパーティーで、優秀な成績だった学生への表彰式もあったために、普段の金曜日よりも忙しかったです。でも、明日は期末試験と採点があって更に忙しいので、ちょっとだけでも…と練習へ。

このところA管を吹いていなかったのでA管で運指の教則本を練習。
突き指した右手親指がまだまだ痛むので、A管はちょっと辛かったです。
そこからBrahmsの五重奏曲の第2楽章のモヤモヤしたところを練習。
細かい音符は指がもたつき、長い音符はカウントが難しい…結局どこもかしこも難しい?

転調して#が増えるところで、B♭管で吹くというオプションがあって楽譜が二段に分かれているんですが、持ち替えに使えるのはたった4拍しかなくて、持ち替えてB♭管で吹く小節は10小節もないような…。
この部分、確かに#が多い状態で吹くのは面倒ですが、だからと言って持ち替える人っているのかな???

今日は本当に短時間で練習は終了。
明日は仕事だ〜。
今学期の最後の山場です。