復帰5年目に突入!

今日はアメリカの独立記念日。
あら〜、気がついたらもう7月、クラリネット復帰5年目に突入しているじゃないですか〜。
2013年の夏に復帰したので丸4年が終了し、はるか昔の学生時代と合わせてクラリネット歴は丸11年になりました。

復帰4年目の後半は苦しかった…。
冬学期には17歳半の愛猫が虹の橋を渡り、自分も1カ月以上しつこい風邪の症状に悩まされました。今にして思えば、この時にすでにリウマチへと続く自己免疫不全の症状が出ていたのかもしれません。毎日解熱剤を飲んで、熱を抑えながらの練習、本番となりました。

春学期には4月に原因不明の関節の痛みが始まり、毎日痛み止めを1日の用量を超えた量飲み続けていました。それでも関節の痛みが消えませんでした。リウマチ特有の強張りがあり、特に朝は痛み止めを飲んでもあまり効き目がなくて「サイズが合わない小さすぎる手袋をはめられてしまって、手袋を脱ぎたいのに脱げなくてもがいている。指の関節には内側に針でも刺さっているんじゃないかという痛みがある」そんな状態でした。演奏会の前日にようやく時間ができてUrgent Careに駆け込み、ようやく関節リウマチと診断されました。演奏会は「これが最後になるかもしれない」と悲痛な覚悟で乗り切りました。っていうか、よくあんな状態で楽器を演奏していたな…と自分で呆れています。

そして現在…
関節リウマチの専門医に処方された薬が効いていて関節の痛みも炎症もほぼおさまっています。服薬を始めて2週間ちょっと経過…このまま副作用が出ず服薬を続けることができて、できるだけ早く寛解の状態になれたらと願っています。夏休みなので時間だけはたっぷりありますから、毎朝水中ウォーキングで全身のリハビリをすると共にクラリネットも練習しています。復帰5年目はリウマチを何とかすることが第1目標。演奏の向上はそこからです。

15年続ければ大抵のことはできるようになる…と誰かが言っていたので、諦めないで頑張って、好きな曲を好きなように演奏できるようになりたいです。頑張る!