7月21日の練習:今日はLutoslawskiの日

今日は練習の前に大学の図書館へ。
先週のmasterclassで聞いて面白そうだと思ったKrzysztof Pendereckiの"Prelude" の楽譜を他の大学の図書館から借りられるようにリクエストを出していたんですが、それが届いたという通知が来たもんで…。今すぐに練習はしなくても楽譜を見るだけでもしてみたいなぁと思ってルンルンお出かけしたのに、な、なんと図書館は金曜日の夕方は早じまい…。なんてこった〜。通知によると約1年間借りられるようなので、たっぷり時間はあります。貸してくれた図書館、太っ腹だ…。

今日のスケールはD♭ major。
♭の方が#よりも吹きやすい気がするのですが、多くなったら♭も嫌いだわ〜。ちょっと手こずりました。

その後はLutoslawskiのDance Preludesの3番と1番と5番。
今日は3番と1番の2曲に時間を使いました。テンポの変化やダイナミクスの対比など、細かいところを意識しながら練習しました。
3番の連符は割と楽にできるようになりました。1番もまあまあ。
問題は5番だわ…スタッカートとアクセントの組み合わせがなんか適当になっちゃうのを何とかしないと。ゆっくりしたテンポの2番と4番も練習しないと…。
全体がもうちょっとできるようになったら、ピアノと合わせたいなぁ。

その後はBernsteinのソナタを軽く。そしてflutter tonguingの練習も軽く。

今日はリードの整理もしました。
二つあるリードケースの中には、もうじき2カ月が経とうとしている春の演奏会のために選んだリードが入れっぱなしになっていて、最近吹いているリードはミントの缶から出して使っていたので、リードケースの中のリードの選別をして今の曲に合わないものは除けました。これでスッキリ。あ、リードケースの中の保湿剤を交換するのを忘れたので明日は忘れないようにしましょう。

明日も楽しく練習しましょう。