6月7日の練習:好きな曲を練習しよう!

今日は夕方5時頃から練習へ。

まずはA管の調子をチェックするために半音階で行ったり来たり。跳躍もちょっとして、その後はBrahmsの五重奏曲の第1楽章を軽く練習。昨日とはうってかわってよく鳴って吹きやすかったです。調整に出す時に…と思って1カ月ほど前に気になる部分をメモしてあったのですが、それが全然気になりませんでした。あれれ?でも、アメリカの田舎町の楽器店には調整はお願いできないので、やはり日本で調整に出すことになると思います。夏はしっかりA管を吹いて、自分の音にしようと思います。

B♭管に持ち替えて『Quasi Kwazi』。メトロノームを使ってきっちり感を重視しながら練習していますが、ゆったり歌った部分からの復帰がイマイチだなぁ…。あと、どうしてもピシッとキマらない上昇形の9連符。1つ音が多いのは、最初のところで適当に端折っている音があるからです。わかっているのに直らない〜!!あと、左の人差し指でのソ#とラのトリルがもさっとしててイライラします。ここももっと練習しなきゃ。来週の水曜日辺りからは通しで練習できるように、今はじっくりと部品を揃えています。

その後はLibby Larsenの『Corker for Clarinet and Percussion』を少しだけ。来年度ECMに残るんだったら、こういう曲もいいなぁと思っています。連符が激しく難しいっていうか面倒くさいんだけど全ての連符は同じパターンの繰り返し。一度マスターしたらいいってことですね?あとはリズムが結構難しくて、いろいろな打楽器との絡みをしっかり予習しておく必要あり…って感じです。

Muczynskiの『Time Pieces』も少し練習。一昨年の夏にかなり練習したのに、ECMの先生に「好きじゃない」と却下された曲です。でも、私はこの曲が好き。ECMで吹くチャンスがなくたって自分の好きな曲は練習しようよ〜と思って、再挑戦してみました。

私はこの7月に55歳になります。私がクラリネットを吹ける時間は限られているので、好きな曲はECMとは無関係に練習しようと思います。いよいよ吹けなくなった時に後悔したくないもん。

というわけで、今日は練習したい曲だけをたくさん練習して楽しかったです。

明日も楽しく練習しましょう!