9月17日の練習:なんて日だ!今日は基礎練習だけ。

週に1度服用している抗リウマチ剤の再処方のことで、今日は1日中翻弄されました。いつもはリフィル処方なのでほぼ手間なしですが、数カ月に一度は主治医から薬局に処方箋を再送してもらう必要があり、そこでミスが生じたわけです。薬局に行ったり、主治医に連絡したり…と、実はかれこれ1週間もこの問題に対処して来ました。あ〜、疲れた…。病気だから薬を飲んでいるのに、その薬の件で更にストレスがあるってどういうこと?

練習は午後8時半ごろから。

今日は基礎練習のみで、Carbonareの教則本で高音域を練習。
低音域から高音域までオクターブの跳躍で上下していく練習です。これが結構難しい。特に後半は、上りは大丈夫ですが、下りの最初から二つ目の音の音程がしっかり取れないことが多いです。
『Abîme des oiseaux』にはこんな感じの高低差の大きい跳躍があるので、その時のvoicingを意識して練習しました。
high-notes_20180918141126d50.jpg

その後はVocalizationのページで延々と長いアルペジオを練習。
歌うように吹ける気持ちいいアルペジオなので、楽しく練習できました。

処方薬のことでアメリカの医療システムに翻弄されてハラワタ煮えくりかえるわ〜っていう1日だったのですが、基礎練習をしたら気分が晴れました。

明日も楽しく練習しましょう!

最近のリードの品質…?

「最近の」というよりも、そのお店がリードを仕入れた時期、ひいてはリードが製造された時期によるんだと思いますが、8月中旬に買ったV21は信じられないぐらい質が悪かったです。
V21はunfiledで形状が56 Rue Lepicに似ているはずのリードなんですが、unfiledのU字っぽい曲線になっているはずの下部の形状が無茶苦茶…。きれいな曲線になっていたものは10枚中1枚しかなく、それ以外のほとんどのリードでは、上部の削られている部分の下のラインがほぼ一直線だったり、凸凹のW形だったり…「これってunfiledなの?これって正規品なの??もしやパッチもん??」と製造工程や検品過程、ひいては出自まで疑いたくなるようなリードばかりでした。(それがきっかけでリード調整に精を出すようになったわけです)

このリード、いつもと同じNY州にあるお店からオンラインで購入したのですが、先週は別のお店からも購入してみました。比べてみたら、新しく購入した箱の中身は少しはマシでした。でも全体的に、又しても何かイマイチだなぁ…って感じ。

56 Rue Lepicの方が少なくとも見た目が整ったリードが多いような気がします。
V21の人気が出てきて大量に生産するために雑になっているのかな?…とか疑ったりして。

リードの材料となるケーンの育ち具合にもよるでしょうし、それを乾燥させる時期の天候など、いろいろな要因があるんでしょうけれど、結構なお値段なんだからちゃんとした物を作って出荷して欲しいなぁ。
ご丁寧に個別包装してゴミを増やすよりも、リード自体がちゃんとしている方が消費者はによっぽどありがたいんだけれど…。
そういうことをVandorenの会社の人は考えていないのかなぁ…って思います。
Category: その他