11月2日の練習:仕事の山を越えて復帰

昨日、一昨日は、仕事関連でとんでもない問題が発生して、関係部署とのメールのやりとりなどに追われ、精神的にも肉体的にもぐったりしていました。20年近く今の職場に勤務しているのですが、学生や教員をサポートするためにいるオフィスのスタッフが「時間と手間がかかることはしない」という強い信念に取り憑かれてしまったもので、そのしわ寄せが来てしまい、それが学生に降りかからないように必死になっていました。"support center"っていう名前の部署だっちゅうのに、サポートしたくない人が仕事してるって何だかものすごい矛盾…。教育機関での仕事はビジネスじゃないので、何から何まで「仕事の効率」という観点だけでは測れないと思うんですけどね…。あ〜、馬鹿馬鹿しいことに巻き込まれたもんだ!

今朝になってようやく問題が解決したので、今日は晴れ晴れと練習に行きました。
2日ぶりの練習でしたが、音の鳴りもよく、『Abîme des oiseaux』は前回の練習で意識して練習したことがいい具合に消化されてinternalizedした感じ。例えば、連符の加速のところ、自然に加速しながら吹けたので、自分でも驚きました。毎日練習することも大事ですが、ちょっと間をあけて、自分の中に定着するのを待つ時間も必要なのかもしれませんね。

明日も楽しく練習しましょう!