A管のシングルケースをSemi-DYI

私はず〜っと探していたんです、A管のシングルケースを!

アメリカで楽器を買うと以前はA管はA管用のシングルケースに入っていたのですが、最近はそんなこともないようで、A管のシングルケースは流通していません。日本でも然り。A管を買ったら、普通はダブルケースに入っていますよね。

A管とBb管を両方持ち歩く時にはダブルケースでいいんですが、A管しか使わないってわかっている時には余分な荷物を極力減らして、肩や腕への負担を軽減したいお年頃なんです〜。

最近、FBのクラリネットコミュニティーでA管のシングルケースとして使える軽量ケースが紹介されていて、とても魅力的だったんですが、お値段が税込でほぼ3万円!!!!高い、高いよ〜。ケースだけなのに高すぎるよ〜。私が持っているどんなバッグよりも高いよ〜!!!

そこで私は考えた、DYIすればいいじゃないか!
たまたまこの夏、30年以上使って来たBb管のシングルケースを買い替えたところで、そのケースを捨てられないまま取ってあったので、それを半分DYIすることにしました。

まずは古くなって毛羽立って来ていた内張りをバリバリ剥がし、中にある型抜きされた発泡スチロールをむき出しにしました。
それにA管を入れて、どこをもっと広げなければいけないかを確認。そして余分な発泡スチロールをカッターと素手で削りました。何度もA管を入れてフィット感を微調整したのがこんな状態。
A-clarinet-case-1.jpg

これに、銀の酸化を防ぐために買った布を適当な寸法に切って、A管の各部をはめ込みながら、布の余分な部分を周囲の隙間に押し込んでいきます。この時役に立ったのが、爪の手入れ用品の1つ、甘皮を処理するスティック。爪の手入れに使ったことはありませんでしたが、隙間に布の端をグイグイ押し込むのにぴったりでした。

出来上がりはこんな感じ〜。
A-clarinet-case2.jpg


手元にあった材料しか使っていないのでタダですよ〜。しかも、銀の酸化を防ぐ布は、キーの変色を防いでくれるので一石二鳥!これで不具合があったら、冬休みにもっと根本的に改造しようと思います。
木製の古いケースなので重いのが玉に瑕ですが、ま、しばらくはこれで辛抱、辛抱。
Category: その他

11月5日の練習:Lutoslawski、難しい…

今日は午後2時半ごろ練習へ。

アイヒラーのスケールの1番(#5つ、b4つの長調)を練習した後は、Lutoslawskiのtrioを…。

これが難しい…。
どうして2年連続でECMの候補に上がったのを2年連続で断っていたのか…それはとにかく難しいから。
3曲からなるこのtrio、1曲目はテンポが速いので連符が難しく、2曲目はテンポはゆっくりだけれどカデンツァっぽいソロが難しく、3曲目は縦の線を揃えるのが難しい、つまり、結局全曲通して、私の苦手な何かが満載なんです。
でも、春学期の演奏会はECMの先生の最後の演奏会ですから、先生がどうしてもこの曲を…と言うのであれば、私も(一度ぐらいは)それに応えようかな…と今回は覚悟を決めています。冬休みになったらもっと練習しようっと。

その後は『Abîme des oiseaux』。
今日は連符のつながりがもっとスムーズになり、無理なく加速できるように練習しました。
来週のリハまでに、もっと通し練習をして、仕上げて行きたいです。

明日も楽しく練習しましょう!