ECMの練習:2度目の『Abîme des oiseaux』と棚からぼた餅!

おそらく今日のリハーサルは本番前の最後のリハになると思われます。

う〜ん、ゆったりと旋律を歌うところは我ながらいい感じに吹けました。
テンポも焦りが全くなかったし、息も十分保ったし、強弱もアクセントもばっちり!

ところが〜、鳥の歌の入り、どんどん捲っていく連符の終盤はコケた〜。
くっそ〜、練習ではもっと上手にできてるのに〜!!!
It is so frustrating!

先生は「連符の終わり、テンポを上げすぎてコケるんだったら、テンポ上げずにはっきり吹いて。でも、それ以外はよかった」とリハを綺麗にまとめてくださったのですが、私は自分に納得がいきません。
でも、これが今の私の実力なので、後は感謝祭の連休中に地道に練習して少しでも自分の思っている方向に近づきたいです。

さて、何が「棚からぼた餅」かと言うと…
先生が「この曲の他の楽章も演奏したい?」と突然聞いてくださったのです。
はい、はい、はい、もちろんですぅぅぅ。
『Abîme des oiseaux』はOlivier Messiaenが作曲した『Quatuor pour la fin du Temps』という組曲の中の第3曲です。最初に魅かれたのは無伴奏のクラリネットソロのために書かれたこの曲なのですが、鳥の歌のモチーフが他の楽章にも度々登場するので「これはどんな風に吹いたら全曲の統一感がでるんだろうね〜」と、全曲を繰り返し聞いていました。そうするうちに曲全体にどんどん魅きつけられていったんです。弦楽器とピアノとクラリネットの四重奏なんて一生演奏するチャンスはないかもね〜と思いながらも夏休みによその大学から楽譜を借りてまで、ちまちまと他の楽章も練習していたのでした。だから、もう舞い上がっちゃうほど嬉しかったです。

先生にはこっそり全曲練習していたことも、全曲演奏したいと思っていることも全然言っていませんでした。こんな大曲を演奏したいなんて、なんだかおこがましくて…。
それに全曲通したら45分もあるので、これだけでコンサートが成り立っちゃいますから…。
実際にはやはりいくつかの楽章を抜粋して演奏することになるのですが、「どうしてもダメそうな楽章を言ってくれれば、それ以外から選ぶよ」と言ってくださったので、迷わず「6番はダメ」と言っておきました。
わ〜い。ECM最後の年に、すごく好きな曲が演奏できそう!嬉しい〜!!
何よりも先生がクラリネット奏者としての私を信じてこの曲を選んでくれたのが嬉しい!!

11月19日の練習:リードが死亡

今日はECMのリハがあったので、その前に1時間ぐらい練習しました。

立奏で『Abîme des oiseaux』の通し練習。
前よりも上手くいっているところもあるけれど、まだまだキマらないところもあります。
で、ムキになって練習していたら、リード死亡…。
「全体的に◯」って油性ペンで書いてあって割と大事に使って来たリードがとうとうヘタってしまいました。本番用に大事にしていたので、ほとんど使っていなかったのにさ〜。なんてこった!
そこから短時間で次のリードを探したんですが、焦っている時には見つからないもんですね。
仕方がないから適当なリードで練習し、そのままECMのリハに向かいました。

ECMのリハではいいこともあり、よくないこともあり…。

感謝祭の連休はバリバリ通すぞ〜。
I will make it happen. I know I can!

明日も楽しく練習しましょう!