行く年来る年

2013年の夏にクラリネットに復帰して丸5年と数カ月が経ちました。

2018年を振り返って…と思ったのですが、クラリネットを吹いていることがあまりにも日常に溶け込んでしまっていて…。
ECMの3回のコンサートでは、3月の演奏会でLeo Sowerbyの『Sonata for Clarinet and Piano』(1944)を演奏したことが一番印象に残っています。とにかく難しかった…ゆったりした楽章も歌いにくい中音域が続いたのと、ピアノの動きが謎すぎて、どこで合わせたらいいのかきっかけがいつまでもわからなくて「ピアノの音に溺れてしまう〜」と不安が募り、合奏練習中に伴奏していた先生に涙目で訴えたこともありました。速い楽章は休符がほとんどなく吹き終わると「す、座らせて…」と言いたくなるような疲労感…。この曲は自分では決して発見できない曲で、最初のうちは「どこが楽しいの?」と気持ちが入りませんでしたが、振り返ってみると、とても素敵な曲でした。

春の演奏会ではMarcel Chyrzynskiの『Quasi Kwazi』を吹きました。Chyrzynskiに出会ったのは2016年の夏、そこから『Quasi Kwazi』3部作にのめり込んでいましたが、今は少し熱が冷めた感じ…。残り1曲の『Quasi Kwazi III』には何年か後にまた取り組みたいです。クォーター・トーンなどあって、すごくchallengingな曲ですが、できそうな気がするので…。(←何処からくるんだ、この自信?)

秋の演奏会ではOlivier Messiaenの『Quatuor pour la fin du temps』から第3曲の『Abîme des oiseaux』を…。
本番直前のステージリハーサルが最悪で(←私にはよくある出来事…)、でも本番はほぼ思ったように演奏できて、ものすごく達成感がありました。これでクラリネットを終わりにしてもいいかなぁ…と一瞬思ったほど。ほんの一瞬ね、やめませんよ〜。
この曲は記譜上で「ものすごく難しい」という部分はないんです。ただただ解釈と表現が難しい曲でした。そして普段は高音域でチャラっとごまかしているのに(←高音域でちょっと速い連符がキマれば、それなりに上手に聞こえるじゃないですか〜、ぶっちゃけた話)、この曲のように、中音域、低音域でものすごく重いテンポで歌い上げるっていうのは初めてで、その音域で音を綺麗に響かせることをものすごく意識して練習しました。これはいい経験になりました。

flutter tonguingができるようになったことも2018年の出来事の一つですかね〜。断続的にですが、もう2年越しで練習していますからね。ようやく新しい技が覚えられたか!って感じです。総合的には2017年よりも上手になったと思います。指も動くようになったし、年の功で曲の理解や表現も上達しました。関節リウマチの痛みがmaxだった2017年は、クラリネットなんか吹いている場合か?と思う日もたくさんありましたが、今年は症状が安定してあまり不安を感じないで吹けたのが嬉しいです。

…で、今は『Quatuor pour la fin du temps』の他の曲に取り組みつつ、Bergの『Four Pieces, Op.5』とLutoslawskiの『Trio for oboe, clarinet, and bassoon』も並行して練習中。

2019年は、残り2回のECMの演奏会でいい演奏をするということがまず一番大事な目標です。
今年度一杯でECMの先生が引退なさった後、自分がモチベーションを保ちつつクラリネットを続けていくことが課題です。演奏会がなくても基礎練習をし、曲に取り組んでいけるのかどうか、全ては自分のモチベーション次第です。

2019年の夏には復帰から6年、クラリネット歴が合計13年になります。
「15年吹き続ければある程度のことは難なくできるようになる」というトランペット吹きの元・日本語のクラスの学生が言っていたことを信じて、そこまでは絶対に頑張ろうと思っています。
アメリカでいい先生を見つけてレッスンを受けるのもアリかもしれません。でもね〜、先生がいると、それはそれで自分の好きなようには演奏できなくなりそうな気もするし…ま、じっくり考えよう…。
何はさておき、今はまずECMの演奏会に向けて頑張っていこうと思います。

そんな1年の振り返りでした。

クラリネットは楽しいです。でも難しい…難しいから楽しい。でも楽しいと思えるところまでが難しい…なんか複雑です。何年やっても次々に課題があり、それを克服しても次の課題があり…。でも、一言で言えば楽しいです。

来年も楽しく演奏しましょう!
Category: その他

12月31日の練習:今年最後の練習

大晦日の雑用に追われて家から出るのがめんどくさくなる前に、練習に行って来ました。
今年最後の練習は午前11時ごろから1時間ちょいの短時間で。

今日は曲だけ〜。
まずは、Lutoslawskiのtrioの第1楽章の連符。
曲の前半、後半に出てくる連符は普段もせっせと練習していますが、それ以外の小さい難所=冒頭のフレーズにちょろちょろ出てくる嫌なトリルを練習しました。右手の親指を動かさなきゃいけないトリル、五線の中にあるミとファ#です。(実はファ#とソ#というもっと嫌なパターンがあったんですが、これは便利な替え指を見つけたので今は楽勝)曲の中では大した意味を担っていない音なのに、ここでコケると士気が下がるっていうところに登場するので地道に練習しています。いい感じでできる時もあるんだから、不可能なことではないのよ〜。本番までには(それは3月なのか5月なのか不明)できるようになります。あとは、ダイナミクスに注意してみました。ノリノリで吹いているとどんどん音量が大きくなっちゃいますが、fとpが短い区間に交互に出てくるので、ダイナミクスの指示を見落とさないように要注意です。

Bergの第3曲も練習。
flutter tonguingと普通の音が交互に出てくるところと、終盤にflutter tonguingでクレッシェンドをしながら下降するんだけど行き着いた先が急にppになるところを練習。少しずつ曲の様子が見えて来たので、小さいところに気を配ろうとしています。それがまだまだなんですけどね…。

今日の練習はここでお終い。今年の練習も終わりです。
今年もクラリネット三昧の一年でした。復帰してから丸5年とちょっと、最初の年は「復帰してたのは間違いだったか」と思うほど上達しなかったし、学生時代とのギャップが大きくて練習や演奏が楽しめない時がありましたが、今は(ほぼ)毎日楽しく練習しています。

来年も楽しく練習しましょう!

12月30日の練習:冬休みの課題も残りわずか

昨日は週に1回抗リウマチ剤を服用する日だったのですが、薬を飲んだ後は何だか胃がムカムカして体が怠〜くなっちゃうんですよね。以前専門医に相談した時には「よくある副作用だから避けられない」ということだったので諦めています。大丈夫な日もあれば、副作用が強く出る日もある…昨日は全身の怠さが酷くて寝ていました。

今日は快調。
午前中にはお正月の料理の仕込みをしてジムにも行き、午後4時ごろに練習へ。

基礎練習は、一昨日途中で終わったG minorのスケールを全部終わらせました。

曲の練習は、Lutoslawskiのtrioの第1楽章から。苦労している連符のところ、少しずつマシになって来ています。今日は第1楽章の後、残りの2つの楽章も練習しました。リズムに泣かされた第3楽章もいい感じに通せるようになり、「冬休み中に何とかしよう」と思っていた、自分なりの目標は達成できたかな。
それにしても第1楽章は譜めくりのタイミングがない、全く無い!4ページのどこかを分割して途中で半分めくるとか、左手だけの音を吹きながらめくるとか色々な手を考えましたが現実的には無理だわ〜。4ページ全部を広げられるように譜面台を2台使わせてもらおうっと。こういうのって大抵は出版社の(楽譜の編集者の)怠慢が原因で、でもちょっと工夫すれば譜めくりの箇所を作れることが多いんですが、この曲に限ってはLutoslawskiの曲にそもそも休符がなく、出版社のせいではない…。

Bergの4曲目も軽く…。
車の中でピアノとの絡みをしつこく聞いてみて、問題箇所のテンポのキューが少し分かった気がしたので、そこを練習。
前拍のピアノの3連符をとにかくよく聞いて、その一つに8連符を入れるように吹くのがコツ。何度か合奏練習したらきっと大丈夫なはず。第2曲、第1曲も軽く練習しました。冒頭のリズムがイマイチつかめていない第3曲も練習しなきゃ。

最後は『Quatuor pour la fin du Temps』。
第1曲と第3曲を軽く復習してから、第4曲へ。問題の8連符はまだまだですが、それ以外のユニゾンで吹いている部分をしっかり練習しました。8連符をもうちょっと練習すればきっと大丈夫!

ということで、冬休み最後の1週間は、Bergの3曲目、Messiaenの4曲目、7曲目を練習予定。

明日も楽しく練習しましょう!

12月28日の練習:久しぶりに夜練

日中は煮込み料理を作っていて外出できなかったので、今日は久しぶりに夜練。
寒い〜。それでもまだ10度ぐらいはあると思うんですが、車のヒーターをONにするほど冷えて、オフィスから練習室に行くまでの徒歩5分が辛かったです。

基礎練習はG minorを半分。残りは明日練習します。

曲の練習は、そろそろ完成が見えて来たLutoslawskiのtrioの第1楽章から。
最後のページの連符をひたすら練習しました。ずっとマシになってきましたよ〜。
その後は冒頭から少しテンポを上げてできるだけ止まらずに通してみました。う〜。連符はともかく、ちまちました休符のところでリズムとテンポが乱れる傾向あり。あ〜も〜!!休符が休みだと思ったら大間違い…どっちかというと休符には罠が仕掛けてあってそれを無事に飛び越えて行くには音符があるところと同じテンポ感でひょいひょいっと緊張感を持ってジャンプしなきゃいけないんです。(←何かゲームを連想させるなぁ。でも、まさにそれ。休むところなんて無いのよ!)
ここ数日の練習が少しずつ実になって来ているのを実感しましたが、あと一歩が足りない感じ。

その後はBergの4曲目の最後の部分。
berg-4_20181229143444f53.jpg

写真の2段を重点的に練習したのですが、2段目(16小節目)の装飾音がついた3つの音の入りについて悩みました。
記譜上は音の間隔は狭まっていくのですが、でもrit.があるってことは一つ一つの音は伸びるわけだから、結果的には音の間隔はどうなるんだろうか…そんなところが今日の疑問点。しかも途中までピアノはトレモロですや〜ん。ってことは、私が好きなように入っていいの?? Berg、さらっとした曲なのに奥が深いっていうか分かりにくいっていうか…。ピアノと合わせないと絶対に解決しない問題があっちこっちにあります。

明日も楽しく練習しましょう!

年間の練習日数

2015年の2月下旬に始めたこのブログですが、年毎に練習の日数を見てみると、
   2015年:238 (ブログ開始前の1月、2月の分が記録されていないから実際は+40日はあったはず)
   2016年:299
   2017年:279 (関節リウマチと診断され、その痛みが酷かった時期に練習を休んだので少なかったかも)
   2018年:286 (まだ数日残ってるけど…)

おそらく平均すると1年間に285日ぐらいは練習しているんだろうなぁ…と思います。
週の平均が5.5日、だいたい自分の実感と合っている感じ。
大学生の時もバイトがあったりして練習できない日があって、だいたい今と同じぐらい練習していたような気がします。

2013年に復帰した時に25年ぐらい眠らせていた楽器をオーバーホールしてもらった時に、お店の店長さんとは「週に2、3回、1回30分から1時間ぐらい練習できればいいですね」な〜んて話をしたのですが、そんなもんじゃ済まなかったわ…。
多分、音楽科の練習室の利用時間は私が一番多いと思います。
最初はできるだけ人がいない時間に行って、コソコソ練習していましたが、今は何も怖いものないっす。

今の練習環境は完璧です!
あと数年、ECMを卒業した後も何気に練習室を使わせてもらえますように…。
Category: その他

12月27日の練習:いい練習だった

今日は午後3時半ごろから練習へ。

今日は基礎練習は省略して、Lutoslawskiのtrioの第1楽章から。
今日は「大嫌いな連符のところを何とかする!」と目標を決めて、メトロノームの目盛りをじわじわと上げながらひたすら連符の練習をしました。
まずは1ページ目の中程から2ページ目にかけての連符。パターンはちょっと違うんですが、曲の中ではあっという間に塊として出てくる部分なのでまとめて練習しました。ある程度できるようになったら、次は第1楽章の最後のページの連符。これも装飾音を取った状態で練習してから装飾音を入れて、ゆっくりのテンポから速度を上げて行きました。
曲としてはまだインテンポではありませんが、今までずっと「嫌な連符」と思いながらもそんなに真剣に取り組んでいなかった部分にフォーカスすることでこの曲の完成に向けて見通しが立ちました。

Lutoslawskiの後は、『Quatuor pour la fin du Temps』の第1曲、第3曲、第7曲。
第1曲は苦手だったトリル部分も、連符もいい感じです。第3曲は秋の演奏会で演奏しちゃったんですがもしかしたら(ほぼ)全曲通す時にもう一度するかもしれないので久しぶりに復習、第7曲は後半の連符のところまで来てくじけて終了しました。

最後の最後はLutoslawskiのtrioの第2楽章のカデンツァっぽい部分。最後にお口直しってところですかね。

今日は苦手な箇所にしっかり時間を使って、ちょっと自分を虐める練習をしてみました。
でも、これで見通しが立ったので、いい練習ができました。

明日も楽しく練習しましょう!

12月26日の練習:まだまだ闘う!

今日は午後4時ごろ練習へ。

基礎練習はBb管で昨日途中までで終わったE minorのページの残りを。
大したことないわ〜と思っていた調ですが、途中1箇所左右の小指のswitchがありました。く〜。
でも、仮に左側にEsレバーがあったとしても、私の短い小指ではうまく操作できないことが分かっているので、小指を入れ替えるという技は必須です。また練習しようっと。

曲の練習はBergの『Four Pieces, Op. 5』の4曲目から。
昨日のブログに貼った楽譜のちょっと手前にある、五線の中のラとドのトレモロっぽい動きを滑らかに、しかもpppで吹く練習をしました。音符の長さが少しずつ変わっていくので、それにも注意しているのですが、単純なようでいて難しい…。つなげようと思うと音が大きくなるし、どこかに角ができるっていうか何というか…。こういうことがサラッとできるようになる日が来るといいなぁ…と思いながら地道に練習しました。

Lutoslawskiのtrioの第1楽章の冒頭のところも練習。
ここに出てくるトリルも鬼のように難しい…スロート音域付近のファ#とソ#のトリル。左人差し指でファ#を抑えた状態でそのままこの指を痙攣させてG#のキーを動かすのが定石のようですが、私はその「痙攣」が細かくできないのでトリルの数が非常に少なくなってしまうんです。で、替え指を見つけて何とかしています。
同じような音域のミとファ#のトリル…これはもう替え指がありません。
音源を聞いたらこのトリルを省略している!ずるい!!
…ってことは、一般的にやりにくいトリルなんでしょうね〜。でも、あからさまに省略する度胸はないので練習しています。
第1楽章は冒頭も難しいし、最後のページも難しい…明日も第1楽章を練習しようと思います。

明日も楽しく練習しましょう!

12月25日の練習:久しぶりのBerg

今日は午後4時ごろから練習。

基礎練習はBb管でE minorのページを半分だけ。
アイヒラーのスケールの本、今回私は7番から始めて1番で終わるように練習しているので5番目まで練習しました。

曲の練習は長い間放ったらかしにしてしまったBergの『Four Pieces, Op. 5』から。
実に不思議なことですが、ここのところflutter tonguingもロクに練習していなかったのに、全体的にいい感じに吹けて自分でも驚きました。flutter tonguingにフォーカスして練習していた頃は、それを記譜通りに曲の中に入れることに苦労したのですが、今日はそれも自然にできました。「さあここでflutter tonguingするぞ〜。よし、行くぞ〜」というような変な力みが取れたのかもしれません。

一番頭を悩ませたのは4曲目のこの辺り。
berg-4.jpg

私が16分音符で動いている部分、ピアノが基本的に3連符ってどういうことよ〜。
ピアノと合わせる自信がないよ〜。いや、むしろ合ったらダメなのか??
このちょっと前には2拍3連の中をさらに細かく分けてトレモロっぽく吹く部分があり、それもまた頭の痛いところです。
ああ、現代音楽あるある…。
3曲目の終わりの部分にはppからflutter tonguingでクレッシェンドしながら下降系を吹いた先がppっていう、「ここで急に落とすってことですね?ね?ね??」と確認したくなるようなフレーズもあって、これはもう合奏の時に先生に教えを請うしかなさそうです。経験則に合わないことがたくさんあるので、そして作曲者がドイツ人なので、やたらと指示が細かい…私はBergがどう吹いて欲しいのかを理解してるんだろうか…。もうちょっと研究しようっと。

明日も楽しく練習しましょう!

12月24日の練習:Lutoslawskiに勝てそう

今日は午後3時ごろ練習へ。

基礎練習はBb管でアイヒラーの本のD minorのページを。
基礎練習をするのはかったるいですが、した方が曲の練習もスムーズに行くんです。わかっているんです。
でも、やっぱりメンドくさい…。せめて冬休み中はサボらずに基礎練習をしようと思っています。

曲の練習はLutoslawskiのtrioの第3楽章から。
リズムのパターンにも慣れたし、元々激しい連符はないので、すっきり吹けるようになりました。
そして第2楽章。これも大丈夫。
残りは第1楽章の連符だ!
今日はメトロノームで刻みながら確実に吹けるように練習をしました。ちょっとずついい感じになってきました。
ここさえ頑張れば、全曲通せそうです。「無理だよ〜」と思っていた状態から、案外最速で合奏できるレベルに辿り着けそうです。ECMの先生がゴリ押しして来なかったら絶対に練習していなかったと思いますが、できるようになったら楽しい曲だと思うので、もうちょっと頑張りましょう。

Bergが放ったらかしだ〜。本当は今日はBergを練習しなきゃ…と思っていたのにさ〜。
Messiaenもまだまだですが、Bergも何とかしなくちゃ〜。
冬休みの残りは2週間を切ってしまったので時間配分をもうちょっと考えて練習しないと…。

明日も楽しく練習しましょう!

12月23日の練習:微妙な違いに泣く…

昨日は抗リウマチ剤を服用した後調子が悪くなっちゃったので、練習はやめて来学期の準備に充てました。
(練習よりは仕事の方が楽にこなせるもんで…笑)

今日は午後3時半ごろに練習へ。

まずはオフィスで使っていないA管(R13)のお手入れを。ず〜っと放置しているこの楽器、最近空気も乾燥していることだし、「割れたりしてないよね?」と急に心配になったんです。ケースを開けてみたら、楽器用の保湿剤がちゃんと入れてありました。偉いぞ、自分!せっかくなので曇っていたキーを磨いて、そのまま練習に持って行ってみました。何かと問題が起こるToscaのA管と久しぶりに吹き比べてみようと思ったからです。

基礎練習はA管でアイヒラーのスケールの本のA minorのページを全部。
2本のA管をとっかえひっかえして吹いてみました。R13のA管は、以前は「最低音付近のソとレジスターキーを押したレ」が出にくいと感じたことがありましたが、今日はすご〜く普通に鳴っていて、「この楽器でもいいのかも」と感じるほどでした。しか〜し、ToscaのA管に持ち替えてみると、やっぱり鳴りが違います。同じマウスピース、同じリード、同じ息の量で吹いているのに、音の響きが全く違うのでした。
10月に修理に出した時にアメリカの楽器店のリペアマンもそう言っていましたものね…。だからきっといい楽器なんだわ。
折に触れて「何か私とは相性が…」と感じることのあるToscaのA管ですが、吹きやすさの点では抜きん出ているので、当分(恐らくこのままずっと)この楽器を使い続けて行こうと思いました。(←取り敢えず今日のところは…爆)

曲の練習は『Quatuor pour la fin du Temps』の第1曲の復習から。
全体的にまとまって来ていて、トリルの長さなども自分の中でかなり明確に把握できています。問題は装飾音がちゅるちゅる付いている連符のところ、下降+上昇の動きがイマイチ滑らかではない連符の2箇所です。

その後はこれまであまり練習していない第4曲。
この曲は「間奏曲」というタイトルがついているので時間短縮のために演奏会のプログラムからは外れる公算が大きいのですが、私の予想を超えたところに行っちゃうのがECMの先生なので、一応練習しておきました。

これがね〜、全体的に他の曲よりも難しい…その中でも苦しんでいるのはこの3つ続いた連符。
messiaen4.jpg

この音形は全曲を通じてよく出てくるのですが、第4曲の中には微妙に違うパターンが続けざまに出てくるのが悩みのタネです。練習を重ねて慣れてしまえば大丈夫なんでしょうけど、今は「これじゃね〜!!」と絶叫しながら練習しています。
その後の練習番号Hも実は曲者…1箇所、音の途中で左右の小指をスイッチしないと次につながらない部分が出て来ます。結構テンポが速い曲なので一瞬での交代なんですが、大丈夫でしょうか…。

明日も楽しく練習しましょう!