12月8日の練習:朝練!

お昼から3時間の期末試験があったので、午前9時半から練習。

基礎練習はCarbonareの教則本のアルペジオを。
つい最近こけまくったアルペジオが、今日は割とすっきり決まりました。お、復活の兆し?

曲は『Quatuor pour la fin du Temps』の第1曲を。
迷子になることが少なくなって来ました。明日はメトロノームでゆっくり目にテンポを刻んで、もっと自信を持って吹けるように練習しようと思います。やりにくかったトリルもいい感じになって来ました。
1週間ぐらいみっちり練習して完成させたいです。

その次に練習するべきなのか7曲目かな…?
これも弦楽器との絡みがあり、テンポの激しい変化がありの難曲なので、これには2週間ぐらい時間を費やして…。
そんな風に予定を考えると、BergとLutoslawskiを練習する時間が作れないということに気がつきました。
同時進行でどんどん練習しないとダメなのね…。

明日も楽しく練習しましょう!