12月19日の練習:Lutoslawskiと闘っています。

今日は午後3時ごろから練習。
久しぶりにキーオイルを注して楽器をねぎらった後、いつものように2時間ぐらい基礎練習と曲の練習をしました。

昨日一瞬ヤバかったA管ですが、今日はいい感じで吹けました。
基礎練習はA管でアイヒラーの本のEb majorのページを全部。
これで#3つとb3つの長調が終わってしまったので、明日と明後日はそれぞれ4つ。そこから先は短調を練習しようかな〜と思っています。

曲の練習はLutoslawskiのtrioの第3楽章を中心に。
連符はないかわりにリズムのパターンに手こずって来た曲ですが、ここに来てようやくリズムに慣れてそれっぽく聞こえるようになりました。最初の「こんな曲でしたっけ?こんなの聞いたことないわ!」っていう状態から、「はいはい、あの曲ね」っていう感じまで来られて嬉しいです。
その後は第2楽章。これは大丈夫、得意な感じの曲です。
そして昨日と同様、第1楽章の最後の方の連符…これが地獄のように難しい。私のキャパを超えているのは明らかです。ここから2週間ほど毎日練習すれば形になるのか、それとも撃沈するのか…もちろんできる限り頑張ろうと思ってはいますよ〜。でも、ちょっと弱気…。

明日は『Quatuor pour la fin du Temps』も練習しよう。あ〜、Bergだって久しぶりに練習しなければ…。

明日も楽しく練習しましょう。