ECMの練習:褒められちゃった〜、ニヤリ

今日は演奏会前の最後の合奏練習が1時間ありました。

ここ最近、忙しくても毎日ちまちまと自分の弱点と戦って来た成果が出て、今日の合奏は割とよかったです。
連符もまだ滑らかさには欠けますが、取りこぼしなく吹けました。
高音域でのソロは褒められちゃった〜、ニヤリ。
上第4線のソから入るエキセントリックなソロですが、私はこういうのが怖くはないんです。
むしろ得意分野だと思っています。
後半に出てくる装飾音符のある連符も今日はバッチリでした。

ここから1週間はまた地道に練習を続けて、来週の演奏会では自分のベストを出せるといいなぁと思います。

明日も楽しく練習しましょう!
Category: ECM (2018-19)

2月26日の練習:忙しくて死にそうだ!

今日も仕事の合間を縫って1時間練習へ。

練習内容は連日同じです。
地道な練習が実を結んでいるのを感じるのですが、合奏には合奏の罠(?)があるので油断は禁物。
明日も合奏前に練習しますが、来週の水曜日の演奏会に向けて、気を抜かずに練習を続けていこうと思います。

それにしても連日忙しい!
学期末が近づいているのもありますが、普段の学期にはない急な仕事が次々とやってきて、演奏会前のただでさえ余裕のない私を苦しめています。でも、仕事は仕事!

明日も楽しく練習、合奏しましょう!

2月25日の練習:今日も同じく…

今日は仕事の合間に、午後1時ごろから1時間練習。

ここ数日、ほぼ同じ内容をしつこく練習しているのですが、地道な練習の成果が出てきたような気もします。
頭が痛かった連符もどうにかなりつつあります。
水曜日の合奏で成果が出せるのかどうか…?
演奏会はさらに1週間後なので、そこまでにはなんとか仕上がるだろうと思います。

Lutoslawskiのtrio、もともと好きな曲ではなくて「あ〜、も〜、だから嫌だったのに!」という気持ちはぬぐえませんが、ECMの演奏会は残り2回。ECMの後、何をするのかはまだ全くの白紙ですから、もしかしたら人生で演奏会と名がつくものがそもそも残り2回なのかもしれませんし、悔いのない演奏をしたいです。

明日も楽しく練習しましょう!

2月24日の練習:今日もしつこく

今日も午前11時ごろから練習へ。

ここ数日取り組んでいる難所の練習を…。
今日はメトロノームを半拍ずつ刻んでもっと細かくチェック。
どうしてもスムーズにいかない箇所があるのですが、そこを本番までに何とかしたい…でも、同時に、本番でそこがコケてもテンポを乱さず淡々と先に進んでいくというのも大事なことなので、「げぼっ」と思っても心が乱れないように練習。
今週の水曜日には1時間の合奏が入っていますから、そこで何とか形にしたいなぁと思っています。

本音を言うとLutoslawskiのtrio、もう飽きた…でも残り10日はしっかり頑張ろうと思います。

明日も楽しく練習しましょう!

2月23日の練習:今日もしつこく弱点潰し

今日は午前11時ごろから練習へ。

昨日に引き続いて、今日も第1曲の弱点になっている連符を練習。
sfをあまり意識しないことにするっていうのが一番かも…もうこの指示は見なかったことにする(笑)
確かこの音はバスーンと重なっているはずだから、私のsfがなくても他の部分との比較では十分目立って聞こえるはず。
私はsfではなくて連符の流れのほうに意識を集中することにします。
明日もきっと同じ練習だ〜。

風邪/インフルエンザの症状はだいぶよくなりました。
熱のために先週は飲めなかった抗リウマチ剤も復帰しました。
演奏会まで10日…体調が早く戻りますように。

明日も楽しく練習しましょう!

2月22日の練習:弱点をなんとかせねば…

昨日は仕事が立て込んで練習はお休み。
超高速インフルエンザは最終段階でもたついていて、軽い咳と鼻水が続いています。幸い、熱が出る段階は通り過ぎたようなので練習していてすごく苦しいってことはないんですが、この週末には完治させたいです。

今日は午前10時半ごろから練習へ。

演奏会まで残り2週間を切っているので、練習するのはもうLutoslawskiのtrioしかないです。
第1曲の前半はsfの後で連符に入るのがどうしてももたつく。これは心理的なものです。以前はできていたんだから、できないわけがないんだけれど、sfで力み過ぎて連符の立ち上がりが遅いんだと思います。そして、そこまでは16分音符で動いていたのがもうちょっと細かい3連符に変わるのでテンポ感の違いに微妙についていけてないのかもしれません。今日はここを重点的に練習しました。

後半に出てくる高音域での装飾音付きの連符は悩まされた期間が長く、その分あ〜でもないこ〜でもないとたくさん練習したので、こんな体調不良でもすんなり吹けています。結局、どこかの音を端折るとかは考えずにそのまま吹いているんですが、装飾音なしで練習する時に頭の音に勢いをつける(sfをつけるような感じ)で吹いていると、後々装飾音を足した時にすんなり入ります。sfを装飾音で置き換えていくような感じと言いましょうか…。これが合ってるのかどうかはわかりませんが、私はこれで克服しました。音域が音域だけに、なんか取り憑かれたような状態で吹いてます。怖いわ〜。

第3曲は問題なし。これはとにかく淡々と、カノンなのでお互いの邪魔をしないように粛々と吹いて行くっていうのがポイントです。でも、最初のトリルと上昇形はガツっと決めよう!最初と最後をピリッと決めて後は淡々と…これが第3曲。

明日も楽しく練習しましょう!

ECMの練習:今日はちょっとマシ…?

今日は午後3時50分からECMの合奏だったので、その前に小1時間練習。
第1曲も第3曲もすんなり通って「お、今日はバッチリじゃん!」とご機嫌で合奏に臨んだのですが、他のパートと合わせるとやっぱり連符のワタワタ感がなんとも…。

どうやら全員優柔不断な私たちに業を煮やし、先生が指揮をするらしいんだけど、先生の指揮は各ビートの頭が揺れるっていうか跳ねる感じがして私はとても合わせにくい…。は〜、憂鬱だわ〜。sfのところとかこっちに突っ込んで来るような振り方をするんだけれど、大編成のアンサンブルじゃなんだからそんな大きい振りをしなくても私には十分わかります。むしろその大振りの後でテンポが乱れるっつーの。ま、アメリカ人は「俺はできる」っていうのを見せたい生き物なので、どうぞ気の済むまで大きく振ってくださいって思うことにしよう。

演奏会は2週間後。
私は私の弱点を淡々と練習して、少しでもいい演奏をしようと思います。
その前に風邪を治さないかん。
Category: ECM (2018-19)

2月19日の練習:ヤバいところだけ練習

今日は連休明けで仕事、その後で練習へ。
病み上がりの体には仕事復帰はきつかった…ので、練習は30分ちょっとだけ。

Lutoslawskiのtrioの第1曲と第3曲のヤバいところだけ抜き出して練習しました。
sfで落ち着いちゃって入りがしゃっきりしない連符はsfの音も入れて、勢いを失わずに連符に突っ込んで行く感覚を練習していますが、明日の合奏ではできるようになるでしょうか?

明日は合奏前にももう一度練習しようっと。

演奏会まで2週間…毎度のことながらギリギリまで練習が必要です。あ〜、情けない!

明日も楽しく練習、合奏しましょう!

2月18日の練習:今日はテンポを落として

風邪/インフルエンザは超高速で終焉に向かっていて、順調に回復しています。
今日は午後2時ごろから練習へ。

Lutoslawskiのtrioの第1曲、テンポをすごく落としてじっくり練習しました。
目標の半分ぐらいのテンポから始めてじわじわテンポを上げる作戦です。怪しいところほど早くボロが出てくるので、そこでじっくり対処。もう十分、もう飽き飽きだ!(←本音)というところまで練習したのですが、明日も同じようにできるかというと微妙。苦手な箇所ってそんなもんですよね?(え、こんなにトロくさいのは私だけ??)
ちょこちょこ出てくるsf、すご〜く大事なんだけど、そこからの立ち上がりが遅いっていうか、そこから次の音に移る時に何か重いっていうか、その辺が課題です。

第3曲はカウントが怪しかったところが、フレーズの切り方を変えただけですっきりして、それはよし!

鼻をかむと目頭から空気と一緒に涙が出る〜。やっぱり目と鼻は繋がっているんですね。
そんなことを実感しながら練習しました。

明日も楽しく練習しましょう!

2月17日の練習:とりあえず復活…

風邪なのかインフルエンザなのか?
主症状はおさまって来たので、今日は午後4時ごろから軽く練習しました。

鼻が詰まると耳も詰まってしまうのか、自分の音が遠くに聞こえる感じの違和感がありました。あとは、息の保ちが悪いのと不意にこみ上げる咳との戦いかな…。でも、指回しは力が抜けて(病み上がりで力が入らない…)いい感じに軽く吹けました。

Lutoslawskiのtrio、本当に完成するんだろうか。
でも、あまり好きではないこの曲を来学期に持ち越すのは嫌なので、今学期に演奏して終わりにしてしまいたいものです。

明日も楽しく練習しましょう!