9月2日の練習:久しぶりにA管をチェック

今日は午後4時半ごろから練習。

基礎練習は久しぶりにA管で。
長い間吹かないでいると鳴りが悪くなるっていうか、鳴らし方を忘れてしまう気がするので、チェックを兼ねての練習です。
Kroepschの『416 Progressive Daily Studies』のC majorのページの復習。
結構苦労している跳躍部分もできたし、指の間隔、感覚も違和感はなくて、安心しました。

その後はこれも久しぶりにFrançaixの『Tema con variazioni』。
今日は主題とカデンツァを練習してみました。
変奏部分などはかなり時間をかけて練習しましたが、主題は手薄な感じ。
Horovitzの目処がたったら、もう一度Françaixをしっかり練習しようと思います。
それにしてもA管、よく鳴るわ〜。左のE/Bのレバーは相変わらずあと一押しのさじ加減が必要でイラっとしますが、それ以外は満足。

その後Bb管に持ち替えてHorovitz。
今日は第3楽章の後半部分を練習した後、第1楽章の冒頭も練習しました。
第1楽章には似たような3つの音のつながりが、3パターンのリズムで出て来ます。
4分音符を3つにわけた3連符、4分音符を4つにわけた16分音符4個のうち頭がないもの、8分音符を3つにわけた3連符。
この順で音符の長さが短くなっていくわけですが、最後のパターンの3連符を「短い」、「速い」と意識して吹くためかスッキリしません。後ろに偏ってしまってクシャッとする感じ。
この3つのパターンを綺麗に吹き分けられるように意識して練習するのが目の前の課題かな…。

明日も楽しく練習しましょう!

あ〜、マウスピースの消耗が目について気になって仕方がない…。
一番先端のtipのところの角が丸まって来たものと、サイドのテーブルのところに明らかに小さいカケがあるものを取っ替え引っ替えして騙し騙し使っていますが、夏の間に買い替えた方が賢明かもしれない…。

今週のどこかで地元の楽器店に試奏に行ってこようかな…。