9月13日の練習:集中していい練習ができました

今日は午後8時から練習へ。

スケールはA majorの1番とそのバリエーションを練習しました。

曲の練習はLutoslawskiのDance Preludesの3番と5番。
どちらもテンポの速い曲です。まだまだ指定のテンポには及びませんが3番はミスしながらも通すことができました。曲の全体像はわかったというわけです。ここから荒さを無くしつつテンポを上げていくことが課題です。
5番は久しぶりに練習しましたが、課題だった練習番号5番から後ろの部分を少しずつテンポを上げながら練習しました。高音域まで上昇していくアルペジオのところが山場で、ここを越えたら後は割と平坦な早足コースが待っています。もうひと頑張りです。

Tango-Etudesの2番と3番も練習。
2番は装飾音符の滑らかさを追求しているところです。3番は速いテンポの連符は指の動きを、中間部のCantabileのところは息継ぎの場所を確認しながら練習しました。

今日はすごく集中していい練習ができました。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する