9月30日の練習:ちょっとだけ練習

木曜日に新学期が始まり、そこからずっとてんてこ舞いしています。
木曜日は帰宅したのが9時過ぎ、昨日はクラスを教えなかったのに帰宅したら8時過ぎで練習に行く時間も気力も体力もありませんでした。
今日は、昨日飲んだ抗リウマチ剤の副作用で微熱があり倦怠感がひどかったのですが、午後になって少しマシになったところで練習へ。ちょっとだけ練習して来ました。

アイヒラーのスケールはF# majorの1番とバリエーション。
Daily ExercisesはG minorのページを1ページ。アルティッシモ音域でミ♭、ファ#を行ったり来たりするのに苦労しました。右手中指を使う運指だとミ♭が下がってしまうので、替え指を使っているのですが、それとファ#の運指のつながりが悪いんですよね。でも、ありがちな音の連続なので、もっと練習してモノにしなければ…と思います。

曲の練習はBrahmsのソナタの1番の第4楽章を。
今日はこの楽章に絞って練習しました。軽やかな動きが美しい楽章ですが、ダイナミクスの対比や盛り上がりに気をつけて練習しました。私が使っている楽譜には、ブレスの位置が書かれているんですが、それがいつも私の感覚と合いません。以前、Richie先生がmasterclassで「作曲者が書いた記号でない限りは無視してもいい」とおっしゃっていたので、音楽として一番切れ目のいいところでブレスをするように変更しました。編曲者はなんで余計なことを書くんでしょうね。特にブレスの記号なんて、余計なお世話だなと思うことの方が多いのに…。

練習が終わって音楽科の建物を出たら、普段は演奏会のポスターが貼ってある外の掲示板に、オーディションの案内がびっしり貼られていました。ECMのはこんな感じ。6月に撮影したクラス写真が使われていました。
auditionposters.jpg

1行に入るensembleやcontemporaryをわざと2行に分けているのはECMの先生のデザインでしょうかね。青がきれいな目立つポスターでしたが、新しい学生さんは入ってくれるでしょうか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する