10月1日の練習:今日も短時間で

明日からのお弁当に入れる常備菜などを料理していたら、練習に行く頃には日がとっぷりと暮れてしまいました。
「今から12時間後には出勤時間だっていうのに、今から練習行く意味あるかな?いっそのこと今日はサボっちゃう??」と自問自答の末、ちょっとだけ練習へ。

今日はアイヒラーのスケールはお休み。
Daily ExercisesはF# minorのページを1ページ。スロートの直前のファとファ#の交代が何度も出てくるのですが、そこが一番きつかった…クラリネットを始めた頃からの永遠の課題かも。左手の親指と人差し指がワタワタしちゃうもんでね〜。この付近の連符は鬼門だわ〜。

曲の練習はBernsteinのソナタを久しぶりに。
ECMでするとなったらもっと突き詰めて練習するし、そうじゃないなら今の状態でもまあいいし…という中途半端な心境なので、細かいところをきっちりと取り上げてperfectionを目指すような練習には至りませんでした。

Tango-Etudesも然り。これはECMでする可能性は低いので、エチュードとして考えるならもう終わりにしてもいいかも…という感じです。

明日はECMの最初のクラスがあり、先生が演奏会に向けて選んだ曲のリストが渡されるのですが、私が夏に練習した曲はリストに入っているでしょうか。(一応、何を練習したかは先生にお知らせしてあるのですが、私が好きで練習した曲が演奏会向けの曲のリストに入るかどうかは先生の好み次第なもので…)
今学期は大学1、2年生の登録が多いようなのですが、新しいメンバーは何人オーディションを通過するでしょうか。そもそも一体どんなオーディションなのか興味津々。そして、学生のクラリネット奏者が入ってきたら、私はもうお払い箱になるんでしょうか?その辺、すご〜くモヤモヤするわ〜。
でも、そしたら、私はBrahmsやSchumannを練習していた元の世界に戻ればいいだけなので、それもありかなぁ…と。

自分でコントロールできないことをあれこれ悩むのは時間の無駄。
明日も楽しく練習しましょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する