10月7日の練習:A管、鳴るようになった

今日は午後4時ごろに練習へ。

まずはA管にキー・オイルを注しました。
昨日はA管が不調で、「いよいよアメリカの楽器店に調整に出す日が来てしまったのか?本番に間に合うように、出すなら来週すぐにでも持っていかなくちゃ」などど考えていましたが、キー・オイルを注したらすっきりと鳴りがよくなりました。
ついでにリガチャーのネジと、B♭管にもキー・オイルを注して、バッチリ!
このキー・オイル、容器外側がオイリーになってしまったので(え、単に私の使い方の問題?)注す時には手がベタベタして困りものですが、効果は抜群なので何だか鳴りが悪いなぁと感じる時にはまず試しています。

練習はアイヒラーのスケールのF# majorの4番をさらっと練習。久しぶりすぎてバリエーションを練習するのをすっかり忘れちゃった…。
その後はDaily ExercisesのC minorのページをしました。

曲の練習はRousselのDivertissement。
連符の部分をしつこくメトロノームで練習。そして、テンポの変わり目と、クラリネットのソロの部分もしっかり練習しました。
A管の鳴りがよくなったので、曲の練習も気持ちよくできました。
ソロの部分は自分でもうっとり…(調子に乗りすぎ!)
でも、楽器の心配がないっていうのはいいことだわ〜。ビクビクしないでたっぷり息を入れられるし、それで更に鳴りがよくなるし…相乗効果でいいことずくめです。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する