10月15日の練習:A管、気持ちよく鳴ってます

昨日は、予想外の足の痛みで1日臥せっておりました。
これが本当に予期せぬことで…。
金曜日の夜寝るまでは普通に元気にしていたのに、夜中に右足首の痛みで目が覚めました…何だろう、この痛み?
土曜日の朝起きてもまだ痛かったので痛み止めの薬を飲んで様子を見ていたんですが、一向に治る気配なし。
随分前に左の足首を骨折(ヒビが入った程度ですが)した時の痛みにそっくり。
今回は右足なので運転できないかも?
関節リウマチの痛みの再発なのかな?ここから痛みが広がっていくのかな??
そんなこんなで、昨日はせっかくの土曜日だったのに一日中家で痛みと戦っていました。

で、今朝になっても痛みが引かなかったので、「よし!月曜日になる前にちゃんと医者に行かなくちゃ」と朝からUrgent Careに行ってきました。Urgent Careは主治医とのアポが取れない時、週末などに、walk-inで診てもらえる医療機関です。で、診断はアキレス腱付着部炎。冷やして炎症がおさまるのを待つしかないということでした。でも、関節リウマチとは関係ないことがわかっただけでもホッとしました。

ということで、痛みは相変わらずですが、(文字通り)足を引きずって午後3時半頃に練習へ。

まずは音出しをしながら、ジップロックに入っているリードからA管用のリードの発掘。今日も5、6枚見つけたので、これで今学期は大丈夫なはず。A管を吹く時の勘も戻ってきたので、ちょっと前まで出しにくいと感じていた音も普通に鳴るようになって、全体的に気持ちよく吹けています。あ〜、自分が好きな"丸くてつやつやなA管の音"が戻ってきたっていう感じ。うれしい!

曲の練習は、RousselのDivertissementを一通り練習した後、練習番号8番の連符をせっせと練習しました。この部分以外は本当に気持ちいいのにさ〜。でも、この曲はきちんと仕上げて、演奏会でいい演奏をしたいです。

その後はBrahmsのクラリネット・トリオを。楽譜は前から持っていたのですが、吹いたのは初めて〜。第1楽章だけざっくり吹きましたが、本当にいい曲です。いつかチェロ、ピアノと一緒に合わせたいんですが、誰か合わせてくれる人はいないかなぁ。

B♭管に持ち替えて、BergsmaのFour Allの音取りの続きと、激しい跳躍を練習。今日は割と上手にできました。この跳躍部分が滑らかにできるようになったら、テンポもそんなに速くはないし、クラリネットが目立つ部分も(多分)ないので、楽しく他のパートと合わせていけるのかもしれません。慣れだな、慣れ。慣れるまで練習するしかないです。

来週はECMの合奏が入っていないので、RousselのDivertissementとBergsmaのFour Allを地道に練習しておこうと思います。LutoslawskiのTrioもぼちぼち音取りをしないと…。これは結構クラリネットが目立つのと曲自体が長いので、練習に時間がかかりそうです。

明日も楽しく練習しましょう!早く足がよくなりますように!!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する