10月16日の練習:こんなものを買ってみた

先週、ふと思いついて注文した物が届きました。
パイプのクリーニングに使う、細いモールのような物です。
何がしたかったというと、レジスター・キーの下にあるトーンホールの掃除。
「何だかA管、調子悪いなぁ。音の抜けが悪いなぁ…」と感じていた時に、「もしかしてトーンホールのお掃除とかしたら、音が抜けるようになるかしら」などど短絡的な発想でポチリました。50本の束が税込、送料込みで$6.75。
tubecleaner.jpg

さて、掃除してみたら…
「きゃ〜、何これ!こんなに汚れていたの〜!?」っていうようなことにはならず、トーンホールからは何にも取れませんでした。そうだよね、普通。これをポチった時はA管の鳴りの悪さに悩んでいましたが、今はもう解決しているので、ま、こうなることは予想していました。鳴りが悪かったのは何かが物理的に詰まっていたわけじゃないんです。はい。

一生かかっても使い切れないぐらいあります、このモール。赤とか緑だったらクリスマスの飾りつけに使えるのに残念です。

基礎練習はアイヒラーのスケールのE♭minorの4番とバリエーションを軽く。それとDaily ExercisesのA♭majorのページの、残っていた3分の1をしました。

曲の方はRousselのDivertissementの連符を練習。
それから、Brahmsのトリオの第3楽章。Brahmsの曲は毎度のことながらカウントがしにくいです。曲を聴いて自分が想定していたカウントとは全然違うっていうか、クラリネットソナタも五重奏もそしてトリオも、拍の頭で入らないパターンが多くて…。吹いている方はなんか気が急く感じといいますか、切迫感を感じています。そういう狙いなのかな?

明日はミーティングが続いて練習は多分無理だろうと思います。
次回も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する