大学時代 その4

大学1年生の秋にオーケストラの演奏会デビューを果たした後は、年に2回の定期演奏会でこんな曲を演奏しました。

   2年春:ベルリオーズの幻想交響曲(2ndのアシスタント)
   2年秋:ブラームスの交響曲第1番(2nd)
   3年春:ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(1st、前橋汀子さんと共演)
   3年秋:ショパンのピアノ協奏曲第2番(1st、仲道郁代さんと共演)
   4年春:チャイコフスキーの交響曲第5番(1st、事実上引退)
   4年秋:ブラームスの交響曲第2番(1stのアシスタント)

どの曲も結構美味しかった楽しかったです。

特に4年生の春の演奏会では、チャイコフスキーの交響曲第5番のトップを吹かせてもらったので、何の悔いも残さずに引退できました。その時の指揮は松尾葉子先生で、合宿の時に雑談をした際、演奏を褒めていただいたのは忘れられません。一生の思い出です。
この時の定期演奏会、もちろんアンコールも演奏したと思うのですが、曲が何だったかも思い出せません。でも、チャイコフスキーの交響曲第5番の第4楽章の最後のページに入ったところで、「ああ、これでオーケストラでの演奏が終わってしまうんだな」と思ったことを鮮明に覚えています。私は大学にはクラリネットを吹きに通っていたのかというほどオケにどっぷりで、大学の同じ学科の同期とはそれほど親しくしていませんでした。一緒にお茶を飲んだり食事に行ったりしたこともほとんどなかったと思います。でも、この演奏会には同じゼミだった4人が聞きに来てくれました。学科の中ではものすごく存在感の薄い人だった私ですが、みんな私がオケで頑張っていることを知っていて応援してくれていたんだなぁということを知り、頂いた花束が有難くて涙が出ました。

大学の学園祭では音楽喫茶の模擬店をしたので、そこではアンサンブルの曲を何曲も吹きました。大学時代はザッと練習してかなり荒い演奏でも人前で吹いちゃうという機動力があったわけです。今はもっと音楽に対して繊細なので、突き詰めて練習しなければ人前で吹きたいとは思いませんが…。同期の管楽器の女子が(私以外は)アルコールに強かったので、先輩から「トラ組」と呼ばれていて、「トラ組」としてアンサンブルを組んだりもしました。

私はその後25年以上もクラリネットを吹かない時期があったのですが、2012年にはクラリネット、バスーン、ホルンの仲間とオープンしたばかりのスカイツリーで再会を果たしました。それがきっかけとなって、2013年の夏にクラリネットを再開しました。その後、2014年、2015年には一時帰国に合わせてスタジオを借りてアンサンブルをし、2015年の夏にはトラ組+弦楽器の同期とも再会しました。

大学時代の仲間っていいなぁ。老後はまた一緒に演奏できるといいなと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する