10月27日の練習:ゆったり練習

今日は時間に余裕のある金曜日、午前10時半頃からゆったり練習しました。

基礎練習はDidierのスケールのC majorのページのオクターブ、7度、6度。
息、指、下の歯が当たるところの微妙な変化…全てがピタッと合うタイミングを探っています。問題はこのスケールの跳躍ではなくてもっと間の広い跳躍なんですが、でも、どこか問題があるから間が開いた時にはそれが顕著に出てしまうんだろうなぁと思って、自分の状態にフォーカスして練習しています。

曲の練習はBrahmsのトリオから。この曲はどこかで演奏する予定は全くないのですが、演奏していると本当に気持ちがいいです。気持ちよくゆったりと吹ける曲なので、ついつい練習したくなっちゃいます。

その後はRousselのDivertissement。
指示されているテンポは四分音符=132ですが、今日は少しずつ118ぐらいまで上げて練習しました。嫌な三連符のところも徐々によくなって来ました。小指のワタワタ感が収まって来たといいますか…。週末も練習して、来週の合奏に備えようと思います。合奏でのポイントはテンポの変わり目…みんなが同じ感覚でテンポを変えていかないとバラバラになっちゃいますからね〜。テンポ感を揃えるというのが課題かもしれません。アンサンブルは楽しく、そして難しいです。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する