11月3日の練習:今日はじっくり練習できた!

今日はクラスを教えない金曜日。
今週は何だか猛烈に忙しかったので、今朝はジャクジーにつかって疲れをほぐすところから1日を始めました。
その後大学に行って、雑務を少し片付けた後で練習へ。

基礎練習はDidierのスケールの本の半音階とA minorのページを跳躍を中心に練習。
A minorのアルペジオは明日また練習します。
今日はA管の鳴りがよくて、むしろ「軽すぎ?」と感じるほどでした。
実は、アメリカのオークションサイトに「即買い」で出ているToscaのA管をポチろうかどうしようか連日悩んでいるので、A管がそれを察知して「私もほら良い仕事してるでしょ?」とアピールしているのかもしれません。このToscaのA管、かなりよさそうなんですが、でも値段が高い…$5,500って高いよね。Toscaだとはいえ、中古だよ、中古なんだよ、妙に強気な価格設定だよね???ということで、未だにポチる決心がつきません。

曲の練習はRousselのDivertissementを。
もう嫌っていうほど練習しているので、あとは合奏でうまく合わせていくだけなんですが、そこが難関。アンサンブルは楽しいんだけど悩ましいです。

それからSowerbyのソナタも少し。B♭管に持ち直す時間がもったいなかったので、A管のままで指の確認などを軽く。やっぱりこの曲のよさがイマイチわかりません。クラリネットソナタなんだけど、ピアノが楽しい曲なの?先生はこの曲のどの辺に惹かれているんでしょうかね〜。いつか説明してほしいわ。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する