11月4日の練習:一山越えた感じ?

今日は午後からコンサートに行く予定があったので、午前中に練習に行きました。
他にも用事があって時間が押していたので、基礎練習は省略。
あ〜、明日はちゃんとしましょう。

曲の練習はB♭管でSowerbyのソナタから。第4楽章のどこに"Bright and Merry"が潜んでいるのか最後まで行ってみました。でも、発見できず…。きっとSowerbyの感じるbrightは私とは感覚が違い、もしかしたらピアノとクラリネットが絡むことで何か楽しい雰囲気が生まれるのかもしれません。…でも、そうじゃなかったらどうしよう?
またしても、私にとっては「どうでもいい曲」を割り当てられてしまったのでしょうか?ECMの先生が好きな曲って私の好みからはすご〜く遠いことが多いのです。で、私は自分が好きになれない曲は極端に練習意欲が低下するので、いつまでたっても仕上がらない…。音楽科の学生なら、いろいろなスタイルの曲を経験することで勉強になるだろうと思いますが、私は趣味でやってるおばちゃんですからね。どうか私が惚れ込んでのめり込めるような曲を選んでくださいって思います。

その後は、RousselのDivertissement。
ず〜っと悩まされている3連符が続いて左右の小指の切り替えが続く速い部分、今日はすんなりできました。おぉ、練習がようやく実って来たのかな?一山越えたのかな??そうなのかな?演奏会まではまだ3週間ありますから、きっと本番までは仕上がると思っていましたが、合奏の度に肩身が狭くてね〜。きっと来週は大丈夫!

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する