11月10日の練習:あ〜、楽しかった!

今日は祝日なので午前中はダラダラと過ごして、もう残り1カ月を切った今学期の疲れを癒しつつ充電。午後3時ごろから練習を始めました。

ECMの演奏会まで3週間を切ったので、そろそろリード選びに本腰を入れることにして、今日は半音階とRousselのDivertissementを練習しながら、本番用のリードの候補をざっくり選びました。曲の都合上、A管を吹いた時の高音域の柔らかさと中音域のキレの良さがリード選びのポイントです。高音域が耳障りにならないように、そして中音域がはっきり発音できるように…何枚か選んで1軍用のリードケースに入れておきました。

その後はB♭管に持ち替えて、Sowerbyのソナタの第4楽章。
「嫌だ、嫌だ」と言いながらも、結局は練習しています。だってECMは辞めたくないんだもん。でも、この曲を練習するたびに辞めたくなるんだってことをいつか先生に激白してやる〜。そのために練習。

最後にBernsteinのソナタも練習。夏にあんなに練習したのに、本当に久しぶりに吹きました。まだちゃんと吹けたし、夏よりもむしろいい感じに吹ける部分もありました。夏の練習が身についたってことですかね?2018年はBernsteinの生誕100年ですからね〜、諦めないで練習を続けて、何気なくECMの先生に売り込もうと狙っています。先生はSowerbyが好きかもしれないけど、私はBernstein好きですから!!

気がつくと3時間経過…楽しすぎて時間が経つのを忘れていました。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する