11月11日の練習:リガチャーのお掃除など

今日は午後4時半ごろから練習。

まずはリガチャーのネジを完全に外して、ネジに付着している汚れをきれいに掃除。リガチャー本体もきれいに磨きました。ネジには少しコルクグリースを塗って元通りに。La Trombaのコルクグリースを蓋が確実に閉まる旅行用のクリームの容器に小分け。
これにて、長い間しよう、しようと思っていた地味な作業は終了。ずっと気になっていたんですが、練習に行く度に忘れちゃって…。ようやくできた。

基礎練習はA管でDidierのスケールの本の半音階とminorのメロディックスケールの連続のページを練習しました。

曲の練習はそのままA管でRousselのDivertissement。すんなり通せる程度までできるようになりました。あとはアンサンブルの問題です。テンポの変わり目とか、私とオーボエが絡むところとか、バスーンのメロディーを引き継ぐところとか…個人的に問題だったところが片付いたので、アンサンブルを楽しめるようにECMの合奏に臨みたいと思います。

B♭管に持ち替えて、Sowerbyのソナタの第4楽章の速い連符。そしてBernsteinのソナタの第1楽章も練習。

昨日A管用、B♭管用に別々に選んだリードがいい感じに鳴ってくれて、A管もB♭管も気持ちよく吹けました。特にA管はもうすぐお別れだと思うと、その調子の良さが健気に感じられるほどでした。もし、昨日こんな風に調子がよかったら今朝Toscaをポチッとしなかったかもしれないなぁ…。今更ですけどね…。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する