ECMの練習:通しました

今日のECMはNickと演奏する『Bar Lazy J』の通し。

Nickが曲についてちゃんと調べて来てくれて、最後まで楽しく(?)通せました。
音がぶつかってワンワン〜と聞こえる音、英語ではbeatsって言うんですね。途中、激しくぶつかる箇所では、私がまるでflutter tonguingをしているかのようなbeatsが聞こえて、先生が「へ〜、面白い!」と叫んでいました。私もこの音がぶつかる状況に耐えられましたし、楽しめました。最初にきっちりNickとチューニングをし、演奏の途中で楽器が温まって来てピッチが変わったりしないようにするために、演奏会ではこの曲は『Quasi Kwazi』の直後に演奏することになりそうです。
72小節間、私は二つの音を行ったり来たりするだけなので、迷子にならないように小節の上に「あいうえお、かきくけこ、………」と一つずつ文字を振りました。自分が今どこなのかを見失ってしまったら、2度と這い上がれませんからね。集中して頑張ろうと思います。
Nickが途中で「座ってもいい?」って言ったのには驚き。風邪を引いているんだろうと思いますが、若者、体力ないなぁ…。おばちゃんを見習いなさ〜い。ふふ。

グループの入れ替わりの時に、Jarodが「Arts Walk、聞きに来てくれてありがとう!」と声をかけてくれました。こちらこそ、ありがとう。「私はこのクラスに所属していていいのかな。みんなの足手まといになっているんじゃないのかな」…といつも心配していますが、こうして学生さんに声をかけてもらえると、ほっとします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する