4月18日の練習:夜にこそっと

今日はECMのリハも入っていなかったのでお昼には大学を出て、洗濯へ…。
その後、午後2時ごろには帰宅してだらだら日頃の疲れを癒し、結局、晩御飯を済ませてから午後8時ごろに再び大学に練習に行きました。明日は午後に予定が詰まっている木曜日なので多分練習できないだろうなぁ…と思って、今日は練習することにしたのでした。

時間が時間だったので、B♭管で『Quasi Kwazi』だけに絞って練習。
冒頭のミステリアスな部分からテンポが急に上がるところの気持ちの切り替えと(ここを練習するのは久しぶり…)、最後のページに入って意図せずテンポがゆっくりになってしまう部分をぐいぐい練習してテンポが落ちない感じをつかむ練習をしました。テンポが落ちてしまうのは、エキセントリックなトリルの前にあるちまちました連符とトリル自体の長さが曖昧になることが原因です。暗譜はしませんが、楽譜をいちいち読んでトリルの長さを確認しなくても吹きわけられるように練習しなきゃ。悩んでいる部分は「これぐらいできていればいいか〜」と思える時と「ダメだ〜」という時があって、まだ安定しません。ECMの演奏会までは残り6週間です。頑張ろう!

明日はお休みして、金曜日からしっかり練習しようと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する