4月21日の練習:リード選びで日がくれた…

今日は夕方5時頃から練習へ。

12月に好奇心からマウスピースをB40からブラックダイヤモンドに変えて、それを2月の上旬にまたB40に戻すという約2カ月の時間の無駄をしたので、オフィスのクラリネット用具入れには中途半端に吹いて放置してしまったリードがどっさりありました。ブラックダイヤモンドはB40よりもかなり硬めのリードじゃないと吹けなかったので、いつも使っている56 Rue Lepicの3番はほぼ使えず、3.5番も試してみたりした結果です。今日はそのリードの山を、使えるリードと使えないリードに選り分けようと思っていたのですが、これが時間がかかるったらありゃしない…。

柔らかくて全般に音がいいリード、柔らかくて好きなんだけどスロートの音だけが貧乏くさいリード、丁度よくて全般に音もいいリード、丁度いいけどスロートの音だけが…、こんな感じにちまちまと分けていたら2時間もかかってしまいました。吹いたリードは約50枚ぐらい。マウスピースを変えた時の苦悩ぶりがこの枚数に表れている〜って感じです。

振り返ってみるとブラックダイヤモンドはオープニングが狭い分少ない息で鳴らしやすかったですが、だからどうした!って今なら思える。だったら5RVだってオープニングが狭い分鳴るわけだし。鳴りやすさだけを考えちゃいけなかったんですよ。結局は好きな音かどうかが一番大事。そして「合うリードがない」なんていうストレスなく好きなだけ吹ける、これも大事だなぁと思いました。いいレッスンだったわ。

基本的には3番の中でも柔らかめのリードで吹いた方がコントロールがしやすくて私は好きです。でも、曲によってはちょっと硬めで音が重い感じの方がいいこともあるので、自分の許容範囲の中で硬めのリードも数枚は残しました。

明日は朝からバリバリ吹くぞ〜。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する