4月25日の練習:ちょっとわかってきたかも…

今日は11時にクラスが終わったらその足で洗濯へ…一度帰宅してから午後4時ごろに出直して練習に行きました。

B♭管で2年前に吹いた『Quasi Kwazi II』を吹いてみました。
2016年の秋にECMの演奏会で吹いたので、流石に今回ECMの演奏会でまたこれを演奏するというのはあり得ませんが、日本での勉強会はこの曲でもいけるかなぁと思って、軽い気持ちでチェック。今学期の仕事が終わってから本気で復習すれば大丈夫そうだなぁと思いました。この曲に出会わなかったら、無伴奏の、こんな意味不明な楽譜のソロの曲を吹こうとは思わなかったと思います。ある意味私の世界を広げてくれた曲です。

その後は『Quasi Kwazi』を練習。
最後の部分はまだ試行錯誤中ですが、あともう少しかもしれない…と思えるようになりました。最低音のミから3オクターブ上のミまで駆け上がっていく連符なんですが、最初はpというのを忠実に守って最初の方のダイナミクスを抑え気味にした方がまとめやすかもしれません。今は油断すると音量が大きくなるタイミングが早くなりすぎちゃって、最後の音に達する前に力尽きてる感があるので、指の速さと音量の変化を連動させることを意識して練習しましょう。
最近、最後のページを重点的に練習しているので、むしろその1ページ前が手薄になっているかも…。このページもテンポ感を見失ってしまう6連符の連続などあってわちゃわちゃするところなので、週末はここを頑張ろうと思います。

『Quasi Kwazi II』と比べると『Quasi Kwazi』は難所が多いなぁ…最初に『Quasi Kwazi II』をやろうと思った自分は偉かった…。
そして、『Quasi Kwazi III』にはquarter toneも出てくるので、きっと新しい難所と学びがあることでしょう。これは夏休みに練習するぞ〜。

明日は木曜日なので練習はお休みです。
金曜日からがっつり頑張ります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する