5月1日の練習:重箱の隅、つつきすぎ?

今日は仕事が一段落した午後2時半頃に練習へ。

『Quasi Kwazi』の細かいところをチマチマ練習。
音が繋がらないとか、連符の中で一箇所微妙にもたつくとか、そういうところを取り出して練習しました。連符が適当すぎて余計な音が入るというパターンもあって、9連符が10連符になっとる…という状態に困っています。どこかが詰まっているから余白に要らない音が入ってるのよね…ということは分かっているんですけどね。

アメリカでは割とざっくりした演奏でも、曲想がよく表現されていればOKですが(コンクールなんかは違うと思いますけど、少なくともECMでは)、日本では細かいところの正確さが大事かなぁと思ったりして、いつもよりも気を遣っています。やれやれ。

きっと来週は『Quasi Kwazi』もECMのリハがあると思うので、週の前半はチマチマした練習をして精度を上げて、週の後半は流れを重視して練習しようかな…と思っています。

明日は忙しくて練習できないかも…。

次回は楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する