5月4日の練習:ちょっとだけ

今日は午後2時半頃から練習へ。
3時半に仕事関係の電話を受けなければいけない用事があり、練習時間はわずか1時間ちょっとしかありませんでした。

A管で半音階。どの音がイマイチなのかをチェックしながらウォームアップ。
その後はこちらのブログに書いてあった倍音の練習
実はこの楽譜、何気に持っているのです。だから第1倍音から第9倍音までどういう位置に下の歯を動かせば出やすくなるのかは理論上は知っています。で、今日はそれを練習してみました。単純なことのようでいて結構難しいです。
でも、こちらの先生が書いていらっしゃるように「出したい音を心の中で歌う」は、まさにその通りだと思います。現代曲に必要なので高音域の音を練習することが多いですが、自分の心の中で鳴らせない音は出ません。(出ても確信が持てないっていうのもありますが…)逆に心の中で鳴らせる音は大抵の場合出ます。変な話、運指が間違っていても出ます。(高音域は運指のバリエーションが多いし、似ている運指が多いというのもありますが…)

B♭管では『Quasi Kwazi』。
練習したことは昨日と同じです。よくなってるところもあれば、まだまだなところもありますが、練習しないわけにはいきません。…って書くと、義務感で練習しているみたいに聞こえますが、この曲は好きな曲なので吹きたいのです。もっと上手に吹きたいと思います。ここまで部分に分けての練習を繰り返して来ましたが、この週末には曲として全体像がちゃんと見えるような練習をしようと思っています。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する