5月5日の練習:Quasi Kwazi、ちょっと危機感

今日は午前10時半ごろから練習。

いつもはA管で音出しして…とのんびり練習を始めてテンションを上げて行くのですが、今日はB♭管で『Quasi Kwazi』から。
演奏会まで3週間ぐらいになり、ちょっと危機感を持っています。
全体的にはかなりよくなってきているのですが、曲としては仕上がらないんじゃないか…という危機感。部分的な練習はもう十分しているのに、そのパーツを組み立てて1曲として仕上げられないんじゃないかという不安。
無伴奏のソロの曲だからですかね〜。伴奏がある曲はどこか伴奏に支えられて、自分が息も絶え絶えになっていても引っ張られて最後までいけるようになるのですが、無伴奏の曲は自分の気力と体力が途中で萎えてしまったら終わりなので、自分で自分を引っ張って行く強さが必要です。

今の時点で「やばい、止まる」…と心配なのは最後の3小節だけ。ここに飛び込んで駆け上がっていけたら「あがり!」なんだけどなぁ。湧き上がる不安に押しつぶされて全部投げ出したくなる自分の弱さと戦っているところです。

ちなみに伴奏がある曲の場合は、伴奏の人に迷惑をかけちゃいけない…という不安が最後まで付きまといます。私ってことごとく演奏会向きじゃないんだわ〜って思います。それなのになぜ人前で演奏したいと思うんだろう?自分でもわかりません。

明日も通すことを目標に練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する