5月13日の練習:50m走と持久走…

今日は夕方4時ごろから練習へ…。

『Quasi Kwazi』は明日ECMのリハが1カ月以上ぶりに入ったので(で、おそらく本番前はこれが最後だと思われる…)、通しの練習を中心にしました。…が、この曲は50m走のような曲なので、この夏に55歳になろうっていうおばちゃんにはそう何度も通せる曲ではありません。でも通さないと、すご〜く似ているけど非なる動きが来た時に一瞬「どっちだっけ?」と戸惑うので、やはり座奏でもいいから何度か通して練習するのは必須かもしれません。
悩みのタネだった最後の上昇形は割と上手に誤魔化すことが駆け上がることができるようになりました。途中、少なくとも2つは音が抜けていますが、聞いている人、数えないでください。数えられるようなテンポじゃないですから、気にせずに雰囲気を味わってもらえれば…と思います。

実は演奏会ではこの曲の直後にトロンボーンのNickとの曲を演奏することになっています。楽器が十分に温まっている状態でチューニングして始めた方が、途中で私のピッチが上がってしまってNickとの音の対立の具合が変わってしまうことがないからです。そのように先生に提案したのは私です。でも、50m走を全力で走った直後に持久走…これもお年寄りにはかなり厳しいです。

明日のリハはまさにこの順番でリハが続いていますから、実際に体験して対策を考えたいと思います。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する