ECMの練習:Quasi Kwazi、注文多し…

今日のECMは1カ月ちょっとぶりに『Quasi Kwazi』のリハ。
テンポが速くなってから先にtranquilloとcantabileが出てくるのですが、私はこれまで速度についての指示は何も書かれていないので一旦速くなったテンポをキープすることを意識して吹いていました。
と・こ・ろ・が、先生曰く:「そこまでと同じテンポで吹いていたらcontrastがないだろう?全然tranquilloを感じないよ」ですと…。
ということで、「速いテンポのところは今よりも1段階テンポを落としてそれぞれの連符がはっきり聞こえるように吹く。tranquilloとcantabileはさらにテンポを落としてリラックスした雰囲気で吹く。」ということになりました。
テンポを落とすのはいいんですが、ブレスが厳しい…これは研究課題です。
そして、次に元のテンポに戻るきっかけ、戻し方がイマイチ…これも研究課題です。
1度しか出て来ない音形はtransitionであって大事な部分じゃないから、テーマが再出した時にもっと大事にはっきり吹くように…。なるほどね〜、勉強になりました。

その後続けて『Bar Lazy J』のリハもありました。
前回よりも混沌とした感じはなく、2人の音がぶつかるbeatsもいい感じに聞こえましたが、問題は最初の1段目…ここで観客が何をしているかわかってくれないと、きっとダレてしまうだろうということで、ここだけ何度かやり直しました。
私の問題点は最初から最後まで楽器自体のピッチを保つことかな…途中で管が温まるとどうしても音が上がってしまうので。解決策として、この曲はコンサートの休憩の直後に演奏することになりました。休憩中、私は盛大に音出しをして十分に管を温めておくというお約束です。「休憩中に音出ししていても誰も気にしないから大丈夫だよ」と先生に言われましたが、そうなの?日本だったらステージの袖で音出しなんかしませんよね?アメリカは日本とちょっと違うのかな?普通のオケのコンサートでも奏者は最初から席に座って練習していて、コンマスが出てきてようやく静まるという方式ですから、休憩時間に観客に聞こえるところで練習するのもOKなんですね、きっと。

コンサートまで約2週間…ここからがシビアです。
次のリハはいつなのか?そもそも次のリハはあるのか???

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する