5月19日の練習:いい汗かいた…

今日は4時半ごろから1時間練習。

隣の練習室から譜面台を借りてきて、最初から立奏で通しました。
前と比べてずっといい感じ!これはもう絶対に大丈夫!
冬学期のSowerbyのクラリネットソナタのことを考えたら、10日前で今の状態なら大丈夫という確信が持てます。
気になる部分を取り出したりしながら、何度か立奏しましたが、汗だくだく…風呂上がりのように頭から湯気出てました。流れる汗が目に入って痛い…。でも、いい汗だったなぁ。

sfpのところは意識してpをちゃんと落とすと、その後の連符が始めやすいし、連符に付いているクレッシェンドも効果的にできます。sfは山のように出てきますが、連符が絡んでいるところは3箇所。この3箇所はpをきちんと落とすところがカギだ!

今日は柔らかめのリードを使いましたが、噛みすぎずに自由にコントロールができて、吹いていてとても楽しかったです。低音域を豊かに鳴らそうと思う余りに力んじゃったり、高音域が当たるだろうかと心配したりすることが全くなく、いい音で吹けました。いつもこうだといいんだけどね〜。

明日も立奏で通して、もっと仕上げて行こうと思います。
明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する