5月26日の練習:I'll go my way.

今日は午後4時ごろから練習へ。

椅子に座ってしまうと立奏で通す前にあ〜だこ〜だと細かいところを練習してしまうので、部屋にある椅子を片付けてお向かいの練習室から譜面台を借りて来て楽譜を広げて、いざ通し練習を開始!
この1週間テンポを落としてリズムや指をきっちり確認して材料の下ごしらえに集中していたのですが、今日はそれを全てお鍋に投入。いよいよ調理にかかりました。
通してみた感想は、"Not too bad."かな。
最後の最後、トリルから駆け上がる決め台詞(!)、今までで一番よくできたかも…。音は多少抜けてしまっていますが、ようやく「こう終わりたい」と私が思う形になりました。本番でもこれぐらいできたら上出来だ!
気になる点は残り2箇所、でもそこがコケてもちゃんと先に行くことができたので、あまり神経質にならず、本番でコケても気にしないで演奏しようと思います。
汗だくで何度か通した後は気になった部分を練習しました。

実は、今日練習に行く前に密かに決心をしました。
2週間前のECMのリハで先生に「途中一度テンポを落とした方がいい」と言われていたのを無視しちゃえ…ということ。
そもそもテンポを落とすのが私にはピンと来ない…。そして、テンポを落として、そこから元のテンポに復旧するところが何だかうまくいかない。速い連符で動いていたところからcantabileに入るところ、テンポを落としてゆったり歌うのが常套なんだろうと思いますが、私はテンポを落とさなくてもリズムの変化で十分に雰囲気が変わってしっとり歌えるんじゃないかと思うんです。
私はもう何百回も演奏を聴き(はい、楽譜を手にいれる前から文字通り何百回も)、最低でも百回は練習をしているので、たった2回のリハで聞いただけの先生よりも曲のことはわかっています。演奏するのは私なんだから、私が好きなように演奏しようと思います。だって私が好きで選んだ曲だもの。

練習中に気がついたこと…右手親指の指サックがない方が音が響きます。
指サックがないために私の自身の体に直接音が伝わるからかもしれませんが、これからは指サックなしで演奏しようと思います。

明日も汗だくで通すぞ!
明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する