とんでもないことが…

今日は演奏会でした。

『Quasi Kwazi』の方は、いまだかつてないとんでもない演奏になりました。途中でリードミスの連続技のような超高音が思いっきり出てしまって…あれは何だったんだ?今まで失敗したこともないような部分だったので焦りました。何とか復旧して途中を切り抜けて最後のところで、最初の方と同じようなフレーズが出て来たところでこともあろうに最初の方のフレーズに入り込んでしまって、そこから持ち直すのにわたわた…。止まらずに最後までいけたのが奇跡です。悪い夢を見ているかのような演奏でした。ステージ袖に戻った時に、先生に笑われた!怖い顔して迎えられるのも嫌ですが、「やっちまったな」という笑顔で迎えられるのもどうかと思いました。この曲を6月にまた演奏するだけの気力がない…少し休んで再開ですが、いっそ『Quasi Kwazi II』に変更した方がいいんじゃないか…とも思っています。少し冷静になってから考えよう…。

『Bar Lazy J』はドキドキハラハラしつつもちゃんと終わってよかったです。ステリハでも一度止まってしまって、本番だけは最後まで通りました。最後が近づくにつれて「私は今最後から3小節目なんだけど、Nickもそうかな?」、「ちゃんと一緒に終われるかな?」と不安が高まりましたが、一緒に終わることができて最後は二人で顔を見合わせました。よかった〜無事に終わって…。

元学生や同僚が聞きに来てくれてうれしかったです。私が頑張っていられるのは、他の人のサポートがあってのことですから。

秋もECMを続けるかどうかは未定…私がいない方が全体のレベルが上がるのは明らかなので、私はECMを抜けて一人で細々とクラリネットを続けた方がいいのかもしれないと考えています。チャンスがあったら一度先生とゆっくりお話したいとずっと思っているのだけれど、先生は忙しそうなので、決断を先送りにしています。どうしたものかなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する