6月5日の練習:今日も夜練

学期の最終週なので何かと忙しくて疲れています。
今日は夕方一旦帰宅して晩御飯を食べ、30分仮眠してから、午後8時ごろに大学に戻って練習しました。

今日も地道に『Quasi Kwazi』を練習。
途中のtranquilloからcantabileにかけてECMの先生に「ここはテンポを落として」と言われてたのに、「自分が好きなように吹く!」と反抗期の子供みたいに突っ走ったのですが、演奏会の反省を生かして現在は少しだけテンポを落としてゆったり歌うようにしています。
テンポの復帰が問題点になるからテンポを落とすのをやめたのですが、テンポを落としても落とさなくてもテンポを上げたくなる部分があり、だったらここで一旦テンポを落としておかないと最後が厳しくなることにも(今更ですが…)気がつきました。う〜ん。先生には先生の考えがあって言っていたんだね。そんなことはわかっているんだけれど、なんだかいつもコミュニケーションがうまくいかなくてね〜。

『Quasi Kwazi』の後で少しだけJoan Towerの『Fantasy for clarinet and piano ('. . . Those Harbor Lights') 』を吹いてみました。まだ音取りもしていなくて、ページの中で気になるフレーズをちょこちょこつまみ食いした感じ。この曲も好きなんだけど、激難しい!できるようになるまで100年ぐらいかかりそうな曲です。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する