6月29日の練習:気にしすぎ〜

今日も時差ぼけと闘いつつ、夕方練習へ。

SchumannのThree Romancesは気にしすぎて行き詰まっている感じ。
「私がうまくできなくて気にしている部分=すご〜く大事なポイント」っていうわけじゃないんだから、肩の力を抜いて、あまり気にしすぎずに行こう!!
現に、他のちょっと難しいフレーズの後に出て来た時には、気にしているフレーズも難なくできているんだから、気にして力が入っていることが「うまくできない原因」になっている可能性が大きいです。この部分だけにかかりきりになるのは、きっとよくないな。曲全体をもっと歌う練習をしようっと。

Mozartの協奏曲は久しぶりに第1楽章を練習しました。
久しぶりなのでテンポを落として練習した後で、軽く通しました。
いい感じのところもあれば、「げほげほっ」というところもあり。
これも気長に練習して行きます。

柔らかめのリードでもいいようにB40を使っているというのに、硬めのリードを選んで力んで吹いている傾向に気がつきました。
違う、違〜う!!
楽に息を入れて力を抜いて吹くためにsettingを整えているんだから、柔らかめのリードを選ぶように意識していかなければ…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する