9月18日の練習:とうとうこの日が来ちゃったよ〜。

今日は午後7時半ごろから練習へ。

Carbonareの教則本で基礎練習。
基礎練習のメニューは昨日とほぼ同じで、高低差の激しい跳躍のつながり、アルペジオのつながりとフレーズの滑らかさを意識して練習しました。

曲の練習はBernsteinのソナタの最後の連符。
高音域まで勢いよく上がっていくところ、前よりもずっと安定していけるようになりました。Bernsteinのソナタは、この夏にまとめて練習したことはありませんでしたが、以前の練習がようやく形になってきたと思います。今年はBernstein生誕100年の年です。この曲はかなり若い頃に作曲したそうですが、その「多感な青年時代」の雰囲気が、冒頭のアンニュイな旋律や、2曲目の落ち着かない5拍子のリズムなどに表れていると思います。本当は今年演奏したかったですが、いつかどこかできっと演奏します。

その後は『Abîme des oiseaux』。
自分にとっての課題はよ〜くわかっているので、それを少しずつクリアしていく過程を楽しんでいます。「できるって確信はあるの。今はまだその時期じゃないだけ」…そんな感じ。この曲もいつかどこかできっと…。

さ〜て、明日からは新年度の準備のミーティングが始まります。クラスの開始は27日ですが、その前に編入生を対象にしたplacement testがあるので、今日は実質的に夏休みの最終日です。(←9月の中旬なのにまだ夏休みなのかよ〜ってブーイングが聞こえて来るようだ)楽しかった夏休み、好きなだけクラリネットが吹けた夏休みよ、さようなら〜。

明日は練習できるかな…多分できると思うけれど、次回も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する